« フィンランド人の年金月額 | トップページ | フィンランドの映画歴代ベスト10 »

フィンランド語の人気が低下?

 何年か前,東京の大学書林国際語学アカデミーで開講されている外国語の講座の中で,フィンランド語は英語に次いで第2位の人気 (?) を誇っているという,まことしやかな話を聞いた気がする。

 半信半疑だったが,悪い話ではないので,事実を確認しないまま,フィンランドに出かけたときなどに,機会があるごとに,自慢して吹聴していた。

 ところが,今日 (3/21) 地下鉄の車内で,新学期の生徒募集のポスターが目にとまり,よくみたら,2011年度の人気のベスト5が次のように書いてあった。


  1. 中国語

  2. 英語

  3. ポルトガル語

  4. ロシア語

  5. スペイン語


 つまり,フィンランド語が第2位だと言う話は,昔はともかく,最近ではまったく事実無根の話だったようだ。

 いつごろからこうなったのか,あるいは,もともと英語に次いで人気第2位だったことがあるという話さえ事実に反する噂だったのか,もしご存知のかたがいたら,ぜひ教えてください。

|

« フィンランド人の年金月額 | トップページ | フィンランドの映画歴代ベスト10 »

言語」カテゴリの記事

教育・学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィンランド語の人気が低下?:

« フィンランド人の年金月額 | トップページ | フィンランドの映画歴代ベスト10 »