« サンタクロースからのクリスマスカード | トップページ | フィンランド人の3人に2人がユーロを支持 »

クリスマスの翌日の大嵐

 クリスマスの翌日のフィンランド湾の沿岸は大荒れだったようだ。最高風速20メートル (m/s) を記録したところもあったらしい。

 記事: Sähköttä yhä 115 000 kotia – uusi myrsky voi kaataa puita (HS 2011/12/27)
 記事: Junaliikenne on edelleen osittain poikki – tasoristeyksistä varoitus (HS 2011/12/26)
 記事: Senaatintorin joulukuusi napsahti poikki (HS 2011/12/26)

 11万5千世帯で停電,鉄道も普通になった箇所があってバスによる代替輸送が行われた。各地で立木が倒れ,ヘルシンキの Senaatintori のクリスマスツリーも根元から折れたそうだ。ストックホルム航路のフェリーは5時間ほど遅れてヘルシンキに到着したが,ヘルシンキ空港発着の空の便にはほとんど影響がなかったという。

 ちょうど1ヶ月ほど前の11月24日にも強風で Senaatintori のクリスマスツリーが倒れる事故があって記憶に新しいが,今年は雪が比較的に少なく,風が強いという異例のクリスマスシーズンとなったようだ。

|

« サンタクロースからのクリスマスカード | トップページ | フィンランド人の3人に2人がユーロを支持 »

事故・災害」カテゴリの記事

天気・気候」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/53583046

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの翌日の大嵐:

« サンタクロースからのクリスマスカード | トップページ | フィンランド人の3人に2人がユーロを支持 »