« ヘルシンキの Ateneum 美術館:「ラップランドの魔力」展 | トップページ | フィンランド絵本新刊「地平線のかなたまで」(猫の言葉社) »

スマートフォン - älypuhelin

 今年(2011)の第2四半期,とうとう西ヨーロッパでもスマートフォン(iPhone+Android 端末)が売上台数で52%となり,通常の携帯端末を上回ったそうである。

  ヨーロッパの携帯端末市場では,ノキアの市場占有率の低下が目立ち,昨年の同じ時期の37%に対して,今年は21%という。スマートフォンに限ると,ノキアの凋落はさらに激しく,昨年の39%から11%にまで減少した。

 記事: Älypuhelimet ohittivat tavalliset puhelimet ensi kertaa myynnissä (YLE 2011/09/09)

 フィンランド語では,スマートフォンのことを älypuhelin と呼ぶ。äly は「知能」と言った意味だから,字義通りには「知能電話」である。私がフィンランドへ行ったとき使うノキアの携帯端末はふつうの kännykkä なので,8月ヘルシンキで,プリペイド携帯番号の通話時間を増やすときに使うチャージ用クーポン latausseteli をキオスクで買ったとき,「私の携帯は älytön だ」と言ったら,お店のおばさんが笑っていた。älytön は「äly がない」,つまり「お馬鹿さん」という意味の形容詞である。

私の使っているノキア製の älytön kännykkkä
Nokia-kännykkäni


|

« ヘルシンキの Ateneum 美術館:「ラップランドの魔力」展 | トップページ | フィンランド絵本新刊「地平線のかなたまで」(猫の言葉社) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォン - älypuhelin:

« ヘルシンキの Ateneum 美術館:「ラップランドの魔力」展 | トップページ | フィンランド絵本新刊「地平線のかなたまで」(猫の言葉社) »