« 自動翻訳の暴力 | トップページ | フィンランド絵本 - ヌンヌ »

北欧学のすすめ

 『北欧学のすすめ』(東海大学出版会 2010) という本を東海大学の北欧文学科から寄贈していただきました。北欧文学科のスタッフと関係者がそれぞれの専門分野について執筆していて,デンマーク,スウェーデン,ノルウェー,フィンランドの言語・文化・歴史・教育・建築などなどを総合的に扱った教科書のような本です。アイスランドやアイスランド語のことも少し書かれています。

 本文も面白いですが,圧巻は巻末の図書案内で,37ページにわたって,北欧諸国関連の日本語の出版物・翻訳書が網羅的に載っています。北欧のことを勉強したい人にはお薦めの本です。ただ,配列がテーマ別で,それぞれのテーマの中で各国別に分けてあるので,特定の国に関する文献だけを手っ取り早く探したいという読者には不便なのが,ちょっと残念です。

 フィンランド関連のページだけ見ると,歴史,教育,言語について,比較的詳しく書かれています。このほか,文学と建築については,北欧諸国をまとめて扱っている章があります。

 出版社のサイトで目次が見られます。

|

« 自動翻訳の暴力 | トップページ | フィンランド絵本 - ヌンヌ »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北欧学のすすめ:

« 自動翻訳の暴力 | トップページ | フィンランド絵本 - ヌンヌ »