« フィンランドの美女 | トップページ | 「親日国」 フィンランド »

フィンランド人はゲルマン系?

 フィンランド人とハンガリー人は系統が同じだと言われます。これは,フィンランド語がエストニア語やハンガリー語などとともに属しているウラル諸語と言われる親戚の言語グループの共通の祖先の言語が,ウラル山脈のあたりで話されていた言語で,それが,チュルク諸語 (トルコ語やタタール語など)やモンゴル諸語などの祖先の言語と親戚であるとされるところから来ています。しかし,フィンランドとハンガリーの両方に行ったことがあれば,二つの国の住民が同系だという話を聞いても納得しないだろうと思います。

 同系という考え方には,もともと大きな錯誤があります。おなじことばを話すからと言って,人種的にも同じとは限りません。人種は遺伝子のレベルの話なので,親から子へと引き継がれていくけれど,言葉は社会的に習得するものだから,親の話す言語を子どもが必ず話すようになるとは限らないわけです。日本人の子どもでも,英語圏に生まれれば英語以外話さないこともあるし,パリに行けば,白人だけでなく黒人もフランス語を話しています。歴史的に見ると,満州族が漢語化したように,異なる言語を話していた人々の集団が,別の言語に乗り換えてしまうことも起きています。言語は取り替えることができるけれど,遺伝子は基本的に自分で取り替えることができないところに大きな違いがあります。

 「フィンランド人はアジア系」と信じてフィンランドへ行ってびっくりした人が実際にいるかどうかわかりませんが,フィンランドに住む人々の主体は,スウェーデンなどとよく似た北欧系のヨーロッパ人であることが,フィンランドを旅行するうちにわかります。フィンランドに行く日本人はどんどん増えていますが,それでもフィンランド人がアジア系だという思い込みがなくならないのは不思議です。

 遺伝子研究が世界的に盛んですが,フィンランドではとくに盛んで,このほど「フィンランド遺伝子地図」の新版が出ました。40000人のフィンランド人の遺伝子に関するデータが集められていて,地図をみると,遺伝子の比較では,フィンランド人は言語的に同系とされるハンガリー人よりも,オランダ人の方により近いということがはっきりわかるそうです。

 Suomalaiset geneettisesti lähempänä hollantilaisia kuin unkarilaisia
 フィンランド人は遺伝子的に見ると,ハンガリー人よりオランダ人に近い

 フィンランド人が,遺伝子的にゲルマン系の言語を話す人々と意外に近いということは,実はかなり以前から言われていたので,とくに驚く結果ではないのですが,初めての人は,びっくりするかもしれません。ともかく,言語のルーツが同じなら,人種的にも近いはずだという間違った思い込みは早くなくなってほしいものです。

 ところで,フィンランド人がモスクワの東のムロム地域のロシア人と遺伝子的に近い関係にあるというのは興味を引く点です。この地域には,かつてフィン・ウゴル系の部族が住んでいたことが地名から明らかにされています。というよりは,今「ヨーロッパ・ロシア」と呼ばれるウラル山脈の西側には,かつてフィン・ウゴル系の言語を話す人々がひろく広がって住んでいたということも定説になっています。この人々は,遅くとも10世紀くらいにはロシア語化したようです。今のフィンランド人のもつ遺伝子の一部が東の方から現在のフィンランドの地にやってきた人々によってもたらされた可能性は大いにあり,その移住者たちが話していた言語は,今のフィンランド語やエストニア語の祖先の言語だったろうと考えられます。少なくともフィンランド語が東の方から西の方にやってきたという考え方は,それほど間違いではないかもしれません。

 しかし,ゲルマン系の人々とも遺伝子を共有しているということは,今のゲルマン系の人々と共通の祖先をもつ人々が,もともとフィンランドの地に住んでいたところに東からの人々が移住してきてとけ込んだか,あるいは,東からの移住者がいたところへゲルマン系の人々の祖先があとから入ってきたのか,などなど,いくつかの可能性が考えられます。フィンランド人はアジア系か,といった単純な問題ではなくなってきます。

 素人があれこれ考えを巡らすことは,新たな俗説を生み出す元なので,このへんでやめておきます。

|

« フィンランドの美女 | トップページ | 「親日国」 フィンランド »

旅行・地域」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィンランド人はゲルマン系?:

« フィンランドの美女 | トップページ | 「親日国」 フィンランド »