« エストニア語の入門オンライン・コース | トップページ

昨年のベストセラー - enim müüdud raamatud

 昨年(2012),エストニアでどんな本が売れたかの統計が出ている。ただし,この数字は,エストニア出版社連合 Kirjastuste Liit に加盟している出版社の本だけの数字らしい。読者のコメントによれば,出版社連合に非加盟の出版社の本の中にもっと売れた本があるそうである。あくまでも参考数値というふうに理解しておこう。

 記事: Vaata mullu enim müüdud raamatute edetabelit (Postimees 2013/02/01)

 参考までに,ベスト10をあげておく。

1. Sofi Oksanen «Kui tuvid kadusid» (Varrak) 12 009 [文学]
2. E. L. James «Viiskümmend halli varjundit» (Pilgrim) 10 200 [文学]
3. TEA entsüklopeedia 9. köide (TEA) 8103 [百科事典分冊]
4. TEA entsüklopeedia 8. köide (TEA) 8097 [百科事典分冊]
5. Pilvi Kula «Valmistume kooliks. Töövihik, 1. osa» (Koolibri) 7317 [児童文学]
6. Tõnu Õnnepalu «Mandala» (Varrak) 7154 [文学]
7. Aleksei Turovski «Loomadest, armastusega» (Varrak) 6692 [科学]
8. Natalia Trofimova «Paastuga terveks» (Varrak) 6098 [実用]
9. Pilvi Kula «Valmistume kooliks. Töövihik, 2. osa» (Koolibri) 5993 [児童文学]
10. «London 2012. XXX suveolümpiamängud» (koostaja Gunnar Press, Ajakirjade Kirjastus) 5757 [ニュース]

 比較のために,電子書籍の売上ベスト10は次の通り。人気作家の小説が並んでいる。

1. Indrek Hargla «Apteeker Melchior ja Oleviste mõistatus» (Varrak) 257 [ミステリー]
2. Walter Isaacson «Steve Jobs» (Ajakirjade Kirjastus) 215
3. Sofi Oksanen «Kui tuvid kadusid» (Varrak) 198
4. Indrek Hargla «Apteeker Melchior ja Rataskaevu viirastus» (Varrak) 161
5. Indrek Hargla «Apteeker Melchior ja timuka tütar» (Varrak) 158
6. Stieg Larsson «Lohetätoveeringuga tüdruk» (Varrak) 140
7. Stieg Larsson «Tüdruk, kes mängis tulega» (Varrak) 124
8. Stieg Larsson «Purustatud õhuloss» (Varrak) 116
9. George R.R. Martin «Troonide mäng, I osa, 1. raamat. Jää ja tule laul» (Varrak) 116

私もここに挙がっている電子本の何冊かを買ったので,数字に含まれているはずである。

Raamatud

|

« エストニア語の入門オンライン・コース | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/56722718

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年のベストセラー - enim müüdud raamatud:

« エストニア語の入門オンライン・コース | トップページ