« エストニア全国で雪景色 - lumi ja lörts | トップページ | 麻薬中毒による死 - narkosurmad »

冬時間へ移行 (2012) - üleminek talveajale

 ヨーロッパでは,毎年10月の最終日曜日の早朝に夏時間 suveaegから冬時間 talveaegに移行する。エストニアでも,日曜日 (10/27) の午前4時に,時計の針 kellaosutid を1時間戻して午前3時にした。

 記事: Eesti läks üle talveajale (ilmjaam.ee 2012/10/26)
 記事: Päeva karikatuur: talv saabus enne talveaega (Postimees 2012/10/28)
 記事: Talveajale üleminek muudab ka rongide sõiduplaani (Postimees 2012/10/27)

 冬時間移行とともに,日曜日から,タリン発着の列車の運行時間に変更がある。といっても,大幅なものではなくて,タリン・ナルバ間の往復列車の発車時間が,それぞれ25分早く,8分遅くなる。これは,夏時間を採用していないロシアへの接続列車の運行時間に合わせるためではないかと思われる。これ以外には,3本の列車で時間調整程度の2~3分の変更があるだけのようだ。

 漫画は,冬時間移行前に全国で雪が降ったことを,冬時間より先に冬が来たと風刺したもの。夏時間は足を取られて身動きできなくなった,早めに冬靴を履いていればよかったのに,というふうに「足」の比喩を重ねたもの。ただ,なぜ,冬靴を履いて時計を蹴飛ばしているのが冬の象徴の雪だるまなのか,よくわからない。

 一方,EU諸国が一斉に夏時間 suveaeg に移行するのは3月の最終日曜日の早朝と決まっている。来年の夏時間移行は3月31日の早朝で,このときは,午前3時が一気に午前4時になる。なお,日本との時差は,夏時間の期間が6時間,冬時間の期間は7時間,日本のほうが時計が進んでいる。

 関連ページ: 夏時間へ移行 (2012) - suveaeg (2012/03/25)
 関連ページ: 夏時間から冬時間へ (2011) - üleminek talveajale (2011/10/29)

移行する        üle minema
冬時間         talveaeg
冬            talv
巻き戻す        tagasi keerama
時計の針        kellaosutid
時計,時刻       kell
時間帯本来の時間  vööndiaeg
欧州連合        Euroopa Liit
夏時間         suveaeg
夏            suvi
(時計の針を)進める edasi nihutama
日曜日の早朝    ööl vastu pühapäeva
雪            lumi
積もる         maha sadama
列車,電車      rong
運行時刻表     sõiduplaan
発車する       väljuma
運行する       sõitma
到着する       saabuma

Talveajale üleminek toimub öösel kell neli, keerates osutid tunni võrra tagasi.

Talv saabus enne talveaega.

|

« エストニア全国で雪景色 - lumi ja lörts | トップページ | 麻薬中毒による死 - narkosurmad »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/55998053

この記事へのトラックバック一覧です: 冬時間へ移行 (2012) - üleminek talveajale:

« エストニア全国で雪景色 - lumi ja lörts | トップページ | 麻薬中毒による死 - narkosurmad »