« エストニアの国勢調査が終る - rahva ja eluruumide loendus | トップページ | エストニア映画の100年 - lemmikfilm »

市庁舎前薬局が創業590年 - Raeapteek

 エストニアだけでなく,ヨーロッパで最も古くから同じ場所で営業してきた薬局として有名な Raeapteek 市庁舎前薬局が,今年で創業590周年を迎え,復活祭の週末,店内の博物館展示に加えて,ふだんは客の入れない調剤室なども一般公開された。

 記事: Galerii: Raeapteek tähistas 590. sünnipäeva (Postimees 2012/04/07)

 エストニアでは,記録上も最も古い薬局ということになるが,創業以来同じ場所に店を構えているというのが売りもので,この意味ではヨーロッパで最古であるとされる。

 この薬局についての最古の記録は,タリンの市庁舎の日誌の1422年のところに書かれた市庁舎前薬局の店主交替の記事らしい。この店主の前に少なくとも2人店主がいたことがわかっているので,創業はこれよりかなり以前のことと考えられている。

 当時の薬局は,薬のほかに紙,インク,宝石,香辛料,火薬なども売っていただけでなく,市民が集い,情報交換のお喋りをする社交場でもあった。15世紀から伝わる処方で今も売られている有名な商品には,「市庁舎前薬局の薬用酒」と「市庁舎前薬局のマジパン」があるそうだ。タリン市御用達の市庁舎前薬局の店主は,市の行政の有力者のひとりで,1467年から作られている薬用酒も,市庁舎には無料で届けられていたという。

 関連記事: Müügile tuleb Raeapteegi Klarett (Eesti Päevaleht 2006/11/18)

市庁舎前薬局    Raeapteek
祝う          tähistama
590周年       590. sünnipäev
今週末        sel nädalavahetusel
最初の文献記録  esmamainimine
継続して       järjepidevalt
正確な創業時期  täpne asutamisaeg
より以前の      varasem
薬           ravim
市民          ilinnakodanik
おしゃべりする    juttu ajama
ニュースを聞く    uudiseid kuulama
伝達する       edasi vestma
紙           paber
インク         tint
宝石          kalliskivi
香辛料        vürts
火薬          püssirohi
薬用酒        vürtsvein
有名な        kuulus
由来する       pärinema
1つだけの      unikaalne
薬局の長い歴史   apteegi pikk ajalugu
欧州最古の薬局の1つ  Euroopa üks vanim apteek
市庁舎前薬局の薬用酒  Raeapteegi klarett
市庁舎前薬局のマジパン Raeapteegi martsipan

Raeapteegi 590. sünnipäev.

Raeapteegi 590. sünnipäev.

Raeapteegi 590. sünnipäev.

|

« エストニアの国勢調査が終る - rahva ja eluruumide loendus | トップページ | エストニア映画の100年 - lemmikfilm »

健康・医療」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/54420538

この記事へのトラックバック一覧です: 市庁舎前薬局が創業590年 - Raeapteek:

« エストニアの国勢調査が終る - rahva ja eluruumide loendus | トップページ | エストニア映画の100年 - lemmikfilm »