« エストニアの推理小説 - kriminaalromaan | トップページ | 鉄道の人気が上昇? - rongiga sõitma »

タルトで歴史建造物の放火 - süütama

 タルト大学の本館の裏にあって,大学の関連施設がいくつもある丘は Toomemägi トーメマキと呼ばれている。タリンの Toompea トーンペアと名前も似ているが,トーペアがエストニアの政治権力の象徴であるのに対し,タルトのトーメマキはエストニアの学術文化の象徴であると言っていい。

 トーメマキには,歩行者用の道路の有名な橋が2つあって,タルトに人々はペアの橋のように考えている。ひとつは1836年に現在の形になった白っぽい色の橋で Inglisild 天使の橋 と呼ばれる。もうひとつは,1916年に建てられた黒っぽい色の橋で Kuradidild 悪魔の橋 と呼ばれている。

 記事: Süütamine: Toomemäel põles Inglisild (Postimees 2012/04/21)
 記事: Tartu raad lubab põlenud Inglisilla võimalikult kiiresti taastada (Postimees 2012/04/21)

 土曜日 (4/21) の未明,天使の橋が放火され,橋の中央の闌干の飾りの部分がひどく焼けた。幸い,橋の基礎の部分は被害を受けなかったが,タルトの街を代表する歴史的な建造物であり,市の関係者はたいへんなショックを受けている。犯人は見つかっていない。

火をつける   süütama
燃える      põlema
災害救助隊  päästeamet
火災      tulekahju
建築文化財  arhitektuurimälestis
橋        sild
被災する    kannatama
黒っぽい色の tume
明るい色の  hele
愛称      hüüdnimi
天使      ingel
悪魔      kurat

Põlenud Inglisild

Inglisild 1860

Inglisild 2006

Inglisild sügisel. ©Eri Miyano foto.

|

« エストニアの推理小説 - kriminaalromaan | トップページ | 鉄道の人気が上昇? - rongiga sõitma »

建築」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

犯罪・不正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/54527551

この記事へのトラックバック一覧です: タルトで歴史建造物の放火 - süütama:

« エストニアの推理小説 - kriminaalromaan | トップページ | 鉄道の人気が上昇? - rongiga sõitma »