« タルトで歴史建造物の放火 - süütama | トップページ | カエルお助け隊 - konnatalgud »

鉄道の人気が上昇? - rongiga sõitma

 エストニアの鉄道会社 Edelaraudtee 南西鉄道会社 の旅客が増えているという。今年(2012)の第1四半期の,南西鉄道の旅客数は 433,146人で,昨年と比べて 5.8%増加した。

 記事: Bensiini hinna tõus pani inimesed rongiga sõitma (Tarbija24 2012/04/22)

 鉄道会社では,サービスが向上したことに加え,運賃が据え置かれていることが,鉄道の人気の高まりの理由だとする。とりわけ,ガソリンの値上がりが,鉄道利用の増加に結びついたと見る。

 もっとも利用者が多かった路線は,Tallinn-Türi-Viljandi タリン・ビリヤンティ線で 150,061人 (昨年比5.2%増),ついでタリン・タルト線の117,185人 (9.8%増),タリン・ナルバ線の44,852人 (7.1%増)だった。

 鉄道会社は,3月に行なわれたストライキの期間に客車がほとんど空のまま運行していたことを指摘して,ストライキがなかったら売上はもっと高くなっていたはずだとする。

 記事には,ガソリンの値段と鉄道運賃の比較はない。読者のコメントをみると,確かに,片道1.28€程度 (ガソリン1リットルより安い) で通勤できるという点だけを見れば安い気がするが,鉄道には問題がないわけではない。通勤で決まった時間に一日一往復するとか,週末に主要都市の間を一往復するといった目的なら,きわめて安くて便利かもしれないが,本数が少ないから,融通がきかないのが最大の難点だろう。ちなみに,たとえばタルトの場合,鉄道駅は町の中心からかなり離れたところにあるから,町の中心のバスターミナルに到着する長距離路線バスと比べても,利用はかなり不便である。

ガソリン     bensiin
値段       hind
列車       rong
鉄道       raudtee
(乗り物に)乘る sõitma
乗客,旅客   reisija, sõitja
増加       kasv
サービス    teenus
お得な運賃   soodne piletihind
切符       pilet
遅れ       hilinemine
要因       mõjur
上昇する    tõusma
影響する    mõjutama
空車で      tühjalt
旅客列車    reisirong

エストニアの旅客列車
Edelaraudtee reisirong.

|

« タルトで歴史建造物の放火 - süütama | トップページ | カエルお助け隊 - konnatalgud »

交通・道路」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/54542746

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道の人気が上昇? - rongiga sõitma:

« タルトで歴史建造物の放火 - süütama | トップページ | カエルお助け隊 - konnatalgud »