« 夏時間へ移行 (2012) - suveaeg | トップページ | エストニアの国勢調査が終る - rahva ja eluruumide loendus »

アポロ書店 - Apollo raamatupood

 私が,とくにネットでいちばんよく利用するエストニアの書店 Apollo が,キオスク・チェーン R-Kiosk とともに,ノルウェー企業 Reitan Servicehandel の傘下に入るというニュースが水曜日(3/28) にエストニアのマスコミで流れて話題になったが,翌日 (3/29) になって「それは誤報だった」というニュースが流れた。

 記事: Info Apollo raamatupoodide müügist osutus ekslikuks (ERR 2012/03/29)
 記事: Info Apollo raamatupoodide müügist osutus ekslikuks (E24 2012/03/29)
 記事: Norrakad ostsid ära Apollo raamatupoed (E24 2012/03/28) [誤報記事]
 関連ページ: Norrakad ostsid R-Kioski (E24 2012/03/05)
 関連ページ: R-kioski をノルウェー企業が買収 (2012/03/05) [フィンランド]


 人騒がせな話だが,事情はこうらしい。

 フィンランドのメディア企業 Sanoma が,その傘下の Rautakirja のエストニア法人 AS Rautakirja Estonia を売却したのは事実で,Rautakirja が所有するキオスク・チェーンの R-Kiosk がノルウェーのメディア企業の傘下に入ったのも事実らしい。しかし,Apollo 書店は,これを機に Rautakirja から独立して,Apollo Holding OY という新会社の経営になるという。

 この会社名だが,OY (osakeyhtiö 株式会社)が付いているから,フィンランドの会社かもしれない。エストニアの会社なら,かわりに AS (aktsiaselts) がつくはずである。ただ,インタビューに答えているのがフィンランド人のようだから,インタビューがフィンランド語で行われている場合,AS が OY になってもおかしくないから,本当のところはよくわからない。

 親会社が変わっても,書店としての基本的な業務は変わらないだろうから,客にも,さしあたって困ることは何もなさそうだが,Apollo 書店の歴史を知っていると,感慨深いものがある。

 関連記事: Viru tänava raamatupood sulges uksed (Postimees 2010/08/12)

 この書店は,ソビエト時代に Viru 通りの北側の建物で店を構えていた書店(名前は Sõprus だったと思うが,記憶が不確か)が,その前身である。東ドイツの書籍を中心に売っていて,ドイツ語の文法書や言語学書が日本で買うより格段に安かったから,私もよく利用した。ソ連邦崩壊後は,大幅に店内を改装し,名前も Apollo と改めて営業してきたが,2010年の夏,この創業の地の店をたたんで引っ越してしまった。現在は,タリン市内の3つのショッピング・センター(Solaris, Kristiine, Ülemiste)の店舗で,一等地の Viru Keskus に店を出している Rahva Raamat 書店としのぎを削っている。ソビエト時代には,タリン市内のあちこちに書店があって,タリンに行く度にひと通り回って本を探したが,今はいずれも廃業して,この2つの系列だけになったようだ。なお,Rahva Raamat 書店は,タリンの中心にもうひとつ,ソビエト時代からずっと同じ建物にある店舗がある。

 私は,Apollo と Rahva Raamat の両方でお得意様 (püsiklient) 登録をしているので,本を会員値段で買える。エストニアに住んでいれば,ほかの特典も利用できるらしいが,会員カードとか会員番号などという面倒なものは一切無くて,会計の時に名前を告げると,データベースで検索してくれて,何もいわずに割り引いてくれる。日本のポイント・カードの場合,一定期間内で一定点数ためないと無効になるシステムが多いし,忘れていくとポイントが貯まらないので,エストニアのこのシステムのほうがずっといいと思っている。

ノルウェー人    norrakas
買収する      ära ostma
書店        raamatupood
売却する      ära müüa; maha müüa
印象を与える    mulje jätma
所有者交替     omanikuvahetus
固定客       püsiklient
売却        müük
間違った      ekslik
ノルウェー企業   Norra ettevõte
継続する      jätkama
独立した      iseseisev
キオスク・チェーン kioskikett

【付記】 誤報とのニュースを読んで,2012/03/29 に書いた文を修正加筆した [2012/03/30]

Rautakirja から離脱する Apollo 書店
Apollo raamatupood.

ノルウェー企業に売却される R-Kiosk (エストニア)。フィンランドの R-kioski
とロゴが一見そっくりに見えるが,末尾に i がないことに注意。
R-Kiosk

|

« 夏時間へ移行 (2012) - suveaeg | トップページ | エストニアの国勢調査が終る - rahva ja eluruumide loendus »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

Viru通りにあったApolloの2階にチェーンの喫茶店があってよく利用していました。書店が撤退して土産物屋が入った後もしばらくやっていましたが土産物屋が半分レストランになったのを機になくなってしまいました。本屋に隣接している喫茶店というのは妙に落ち着くものですがそういう憩いの場がひとつ消えたということで残念です。

投稿: ながつ | 2012/03/30 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/54339096

この記事へのトラックバック一覧です: アポロ書店 - Apollo raamatupood:

« 夏時間へ移行 (2012) - suveaeg | トップページ | エストニアの国勢調査が終る - rahva ja eluruumide loendus »