« 大学の国際ランキング - Tartu Ülikooli edetabelitõus | トップページ | 学校の制服 - koolivorm »

ヘルシンキのエストニア大使館 - Eesti saatkond Helsingis

 ヘルシンキのエストニア大使館は,エストニアが1940年にソ連邦に併合されるまで大使館が置かれていた,その同じ建物にある。

 記事: Soome vanaproua kinkis Eestile saatkonnakrundi ajaloolise ostulepingu (Postimees 2011/10/07)

 大使館の敷地は,独立直後の1919年にエストニアが購入したもので1940年に閉鎖され,建物と一緒にソ連邦の財産となったが,ソ連邦崩壊後の1992年に,もとの所有権がエストニアに返還された。建物はエストニア時代に建てられたのものらしい。こうして,エストニア大使館も昔の姿を取り戻した。

 初代エストニア大使 Oskar Kallas と,1919年当時の土地所有者 Juho Kuosmanen (1888-1960) との間で交わされた,双方の署名のある売買契約書が,Kuosmanni 氏の嫁の Senni Kuosmanen さんから,エストニア大使館にに,歴史的な文書として寄贈された。高齢のため高齢者介護施設で暮らす Senni さんを,現エストニア大使の Mart Tarmak さんが訪問し,文書を譲り受けた。大使からは,お礼として Senni さんに,大使館の歴史を語る写真アルバムなどが贈られたそうである。

 エストニア大使館の敷地の売買契約書は,戦後長い間,その所在が不明になっていた。今年の8月,エストニア大使館の数奇な運命を話題にしたテレビ番組が放送されたのを見た Kuosmanen さんが,エストニア大使館に歴史的な文書として寄贈したいという希望を申し入れ,それがこのほど実現したのだそうである。

老婦人        vanaproua
寄贈する      kinkima
大使館       saatkond
敷地,土地     krund
歴史的な      ajalooline
売買契約書     ostu-müügileping
寄贈         kingitus
エストニア共和国 Eesti Vabariik
買う         ostma
開設する      rajama
義父,舅      äi
嫁          minia
商人        kaupmees
公園名,地区名  Kaivopuisto
(町の)地区     linnaosa
当時の       toonane
署名        allkiri
不明になる    teadmata jääma
希望を伝える   soovi avaldama
文書        ürik
高齢        kõrge vanus
辞退する      tagasi lükkama
譲渡する      üle andma
申し合わせる   kokku leppima
歴史的文書    ajalooline dokument
訪問する      külastama
珍しい       haruldane
歴史        ajalugu

Eesti saatkond Helsingis.

Eesti saatkond Helsingis.

|

« 大学の国際ランキング - Tartu Ülikooli edetabelitõus | トップページ | 学校の制服 - koolivorm »

歴史」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘルシンキのエストニア大使館 - Eesti saatkond Helsingis:

« 大学の国際ランキング - Tartu Ülikooli edetabelitõus | トップページ | 学校の制服 - koolivorm »