« エストニアの電子書籍事情 - e-raamat | トップページ | エストニアの人気キャラクターたち - Sipsik, Lotte, Pokud »

ナチの戦犯 (2) - natsikurjategija

 タリンのエストニア歴史博物館 Eesti Ajaloomuuseum から,ナチ戦犯 Alfred Ernst Rosenberg に関する展示が,文化省の指導で撤去されることになった。

 記事: Natsikurjategijat käsitlev materjal kaob ministeeriumi käsul näituselt (Postimees 2011/09/15)
 関連ページ: ナチの戦犯 - sõjakurjategija (2011/08/01)

 エストニア出身の歴史的人物として,戦争犯罪人を他の社会的功労者と一緒に並べるのは,たいへんな誤解を招くとして,展示が始まった7月にユダヤ人団体から文化省に抗議が寄せられたほか,ロシア外務省からも抗議もあったという。

 歴史博物館の館長は,文化省とは何度も交渉意見交換を行なったが,歴史の明るい面と暗黒面の両方を対比的に提示しようとした博物館側の意図を最終的に理解してもらえなかった,問題の展示は,文化省の指示に従い撤去すると,TV取材のインタビューで語ったが,撤去の時期については何も述べていない。文化省側は,展示内容の改善に関して共通の理解に到達できなかったため,展示そのものの撤去を指示したと説明している。

 Alfred Rosenberg は,ニュルンベルク裁判の結果,絞首刑により処刑された人物である。TVニュースによれば,展示されているのは,主著の Der Mythos des 20. Jahrhunderts 20世紀の神話 のタイトルページと著者の写真の載ったページの見開きで,人物に関する写真入りの解説がディスプレーに映しだされる仕組みのようだ。

 記事: Ministeerium: Rosenberg ei sobinud positiivse kuvandiga eestlaste kõrvale (Postimees 2011/09/16)
 記事: Vene välisministeerium kritiseeris Eesti ajaloomuuseumi ja Erna retke (Postimees 2011/08/09)

ナチの犯罪人 natsikurjategija
展示       näitus
歴史博物館  ajaloomuuseum
文化省     kultuuriministeerium
命令,指示   käsk, korraldus
撤去する    eemaldama, kõrvaldama
否定的反響  negatiivne vastukaja
来館者     muuseumikülastaja
意見交換する mõtteid vahetama
賛美する    ülistama
共通の立場  ühtne seisukoht
改善する    parandama
隠す       varjama
出来事     sündmus
命令に従う   käsku täimta

Alfred Rosenberg

Alfred Rosenberg

Alfred Ernst Rosenberg ajaloomuuseumi ekspositsioonis

|

« エストニアの電子書籍事情 - e-raamat | トップページ | エストニアの人気キャラクターたち - Sipsik, Lotte, Pokud »

歴史」カテゴリの記事

犯罪・不正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/52754254

この記事へのトラックバック一覧です: ナチの戦犯 (2) - natsikurjategija:

« エストニアの電子書籍事情 - e-raamat | トップページ | エストニアの人気キャラクターたち - Sipsik, Lotte, Pokud »