« 干し草の取り入れ - heinapall | トップページ | 今年も秋が来た - sügis »

ペットの火葬場 - lemmikloomade krematoorium

 タリンの東隣の町 Maardu マールト市にエストニアで最初のペットの火葬場 Cremo Center が開業した。バルト三国で最初のペットの火葬場だそうである。

 記事: TV3: noor naine avas Maardus lemmikloomade krematooriumi (Postimees 2011/09/23)

 木曜日(9/22),最初の火葬が行われた。火葬されたのは,ジャーマン・シェパード犬の Boris で,写真のような火葬証明書の第1号が発行された。

 火葬場の信条は「この動物たちは私たちと一緒に人間のように暮らしました。だから人間のように葬ってあげましょう」。火葬代は動物の体重によって異なるが,猫の場合だと150ユーロが平均の費用だという。ペットのお骨は,火葬場のロゴマークの刻印された骨壷にいれて飼い主に返される。

 日本ではふつう「お骨,遺骨」というが,エストニア語では tuhk 灰,つまり遺灰である。日本語であまり遺灰と言わないのは「位牌」と紛らわしいからかも知れない。日本語の感覚では遺体は骨にするもので,灰にするものではないと思われるが,エストニア語では灰を意味する tuhk から作られた動詞 tuhastama を使う。エストニア語的には,遺体は灰になる。ただし,日本語でも,空から撒く場合だけは,遺灰でないとおかしい気がする。

 骨壷と訳した urn は,壺や瓶のような容器一般の名前で,選挙の投票箱の意味もある。

 関連ページ: 火葬する - tuhastama (2010/11/23)
 関連ページ: 火葬と土葬 - urni- ja kirstumatus (2011/01/16)

愛玩動物     lemmikloom
動物        loom
火葬場      krematoorium
灰にする     tuhastama
牧羊犬      hundikoer; lambakoer
オオカミ      hunt
犬         koer
ヒツジ       lammas
埋葬する     matma
不幸        õnnetus
死ぬ        surema
家族の一員    pereliige
体験        kogemus
依存する     olenema
重量,体重    kaal
灰         tuhk
飼い主,所有者 omanik
壺,瓶       urn

lemmikloomade krematoorium

lemmikloomade krematoorium

lemmikloomade krematoorium

lemmikloomade krematoorium

|

« 干し草の取り入れ - heinapall | トップページ | 今年も秋が来た - sügis »

動物・植物」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/52809879

この記事へのトラックバック一覧です: ペットの火葬場 - lemmikloomade krematoorium:

« 干し草の取り入れ - heinapall | トップページ | 今年も秋が来た - sügis »