« レコード - heliplaat | トップページ | ナチの戦犯 (2) - natsikurjategija »

エストニアの電子書籍事情 - e-raamat

 エストニア語の電子書籍がネットで買えるようになったのは昨年の終わりころからである。データ形式は EPUB だから,たとえば日本国内仕様の SONY Reader でも読むことができる。

 記事: E-raamatud jõuavad harva raamatukogudesse (Postimees 2011/09/13)
 記事: E-raamatud jõuavad harva raamatukogudesse (ERR 2011/09/13) [音声]

 現在,タルト大学の図書館で利用できる電子書籍は9万冊で,このうちエストニア語のものは数百冊だそうだ。エストニア語の電子書籍の出版は,基本的に DIGIRA (たぶん digiraamat から) という国立図書館配下の会社が行っている。電子書籍のデータ形式を最初から統一できるので,これはかえって小国ゆえの利点といってもいい。

 エストニア語の書籍の出版は,読者人口が少ないから部数も少ない。人口が日本の100分の1程度だから,単純計算すれば100部が日本の1万部にあたるといっていい。全国の学校図書館,公共図書館が購入する書籍が大きな位置を占めるため,もし,印刷本で出ている本が,電子本として並行的に売られ,図書館がそれを購入して貸し出すことになれば,印刷本がほとんど売れなくなる恐れがあるのはしろうとにもわかる。出版社側が,電子書籍の図書館での貸し出しを認めていないため,エストニア語の電子書籍を図書館で読むことはまだできない。

 図書館から貸し出す電子本が勝手にコピーされて海賊版が出回らないようにするための対策として今2つが検討されているそうである。1つの方法は,貸し出し後一定の期間が経過すると,開くことができなくなるようなファイルにする方式で,もう1つの方法は,図書館の電子本は,インターネット経由で閲覧することができるが,ダウンロードや印刷ができない方式で提供する方式らしい。

 関連ページ: エストニア語電子書籍を読もう - e-raamat (2011/02/24)

電子書籍    e-raamat; elektrooniline raamat
図書館     raamatukogu
出版社     kirjastus
専門書籍    erialakirjandus
貸し出す    välja laenutama
借りる      laenuks saama
不正使用する kuritarvitama
解決法     lahendus
貸出期限    laenutustähtaeg
印刷する    välja trükkima
電子書籍端末 e-luger
エストニア電子書籍センター Eesti Digiraamatute Keskus

エストニア語の電子本を読むための端末
Lugerid

|

« レコード - heliplaat | トップページ | ナチの戦犯 (2) - natsikurjategija »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/52729919

この記事へのトラックバック一覧です: エストニアの電子書籍事情 - e-raamat:

« レコード - heliplaat | トップページ | ナチの戦犯 (2) - natsikurjategija »