« エストニア防衛省で銃撃戦 - tulistama | トップページ | ラジオドラマ「粛清」 - Raadioteater: Sofi Oksanen "Puhastus" »

サーレマーの鰻汁 - angerjasupp

 エストニアのサーレマーでは,ウナギが激減したため,名物の磯料理 angerjasupp うなぎ汁 が観光客相手のレストランのメニューから消えたそうである。

 記事:  (Postimees 2011/08/11)
 関連ページ: ウナギ - angerjas (2011/01/25)

 うなぎ汁というのは写真のような料理らしいが,食べたことがないので味はわからない。

 エストニア海洋研究所の研究員 Markus Vetemaa 氏は,ウナギの激減の原因は,乱獲に気候の変化が追い打ちをかけたためとする。メキシコ湾流の流れの勢いと経路に変化が起きた結果というのは本当らしい。

 ウナギは,北大西洋の真ん中辺りのサルガッソ海 Sargasso meri で産卵し,卵からかえった幼魚は,メキシコ湾流に乗ってヨーロッパまで運ばれてくる。近年この海流の向きが変わり,幼魚がたどり着く地域がヨーロッパのより南の方に移動したというのである。

 エストニア統計局によると,エストニアで捕獲されるウナギはこの10年間で,海岸部ではおよそ8分の1,内陸部でも3分の1に減少した。昨年のウナギの漁獲量は,海が 3.5 トン,川や湖が14.3トンだった。

ウナギ     angerjas
うなぎ汁    angerjasupp
サーレマー  Saaremaa
漁師      kalur
ウナギ資源  angerjavarud
減少する    kahanema, vähenema
ウナギの漁獲 angerjapüük
ウナギ捕獲網 mõrd
いなくなる   kaduma
原因      põhjus
捕獲する    püüdma
影響      mõju
気候の変化  kliimamuutus
枯渇する    kokkukuivamine
メキシコ湾流  Golfi hoovus
強さ       tugevus
方向       suund
産卵する    kudema
大西洋     Atlandi ookean
サルガッソ海 Sargasso meri
運ぶ      kandma
幼魚,幼虫  vastne

Saaremaa kalurid külalistele enam angerjasuppi ei paku, kuna kala enam mõrda ei satu.

|

« エストニア防衛省で銃撃戦 - tulistama | トップページ | ラジオドラマ「粛清」 - Raadioteater: Sofi Oksanen "Puhastus" »

料理・食文化」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/52450279

この記事へのトラックバック一覧です: サーレマーの鰻汁 - angerjasupp:

« エストニア防衛省で銃撃戦 - tulistama | トップページ | ラジオドラマ「粛清」 - Raadioteater: Sofi Oksanen "Puhastus" »