« ツルの子を助けて - kurepoeg | トップページ | 自転車の盗難 - rattavargus »

アルティヤ村の網小屋 - Altja kaluriküla võrgukuurid

 東北エストニアの Lääne-Virumaa 西ヴィル県の海岸にある Altja アルティヤという人口20人ほどの村落に来ている。

 エストニアの東北地方は歴史的に Virumaa ヴィルの国 と呼ばれる。Virumaa は,現在の行政区分では,それぞれ Ida-Virumaa 東ヴィル県Lääne-Virumaa 西ヴィル県と呼ばる2つの県 maakond に分かれている。東ヴィル県は,Narva ナルバ, Kohtla-Järve コフトラ・ヤルヴェ, Sillamäe シラマエなど,ロシア語系住民の割合が非常に高い都市があることで有名だが,西ヴィル県は,エストニア語系住民が主体の県である。

 アルティヤ村は,西ヴィル県の県庁 maavalitsus のある Rakvere ラクベレから,北西方向に約40km 行ったところにある。タリンからは東へバスで1時間45分ほど,120km 程度の距離だと思われる。

 夏の休暇・旅行シーズンになると,夏の間別荘に住む (裕福な) エストニア人や,休暇に訪れるエストニア人や外国人の旅行者で,この村の人口は何倍にもに膨れ上がる。この村に泊まる外国人でもっとも多いのは,フィンランド,ドイツ,スウェーデンなどからの中年夫婦の旅行者のようだが,バスでやってきて,数時間して去っていく団体客からは,ときどき南欧の響きのことばも聞こえる。

 この村のあるあたりには,15世紀の後半ころにはもう人が住んでいたという記録があり,Altja という地名は 17世紀の後半に初めて出てくるらしい。Altja は村落の名前であると同時に,近くを流れる川の名前でもある。

 この村で観光の目玉は,居酒屋 Altja kõrts, 民宿 Toomarahva turismimaja, 網小屋 võrgukuurid, 子授け岩 Titekivi などである。

・200年くらい前からずっと同じ場所にあるというアルティヤの居酒屋は,観光で訪れる旅行者が食事をしたり,喉の渇きを癒したりすることのできる,この村落の唯一の場所として,絶対的な人気を誇る。しかし,ときには夕食時から閉店まで,結婚式の披露宴 pulmapidu の会場として貸切になってしまうこともある。

・農家の建物を改修した民宿「トーマ屋敷の旅の宿」は,各部屋に簡易キッチンが付いているので,食材を買ってくれば自分で料理が作れる。ただし,食材を売っている店はいちばんちかいところでも6~7km 離れているので,車がないと買物はきわめて面倒である。また,大したものは売っていないので,バスで片道1時間かけて,40km 離れたラクベレまで出かけて,大きなスーパーでまとめて買って来たほうが便利かもしれない。ただし,バスは朝出て,夕方帰るという選択肢しかないから,町ではいくつかのことをまとめて済ませてきたほうが賢明である。

・絵葉書の写真にもなっている有名な岬の網小屋は,この村がかつて漁村だったころの名残である。ガイドブックにも,観光客用の道路標識にも Altja kaluriküla 漁師の村アルティヤ と書かれている。当然,網小屋の前も昔,港があったはずだが,現在はその面影はまったくない。網小屋の裏には漁船を建造する工場があったらしい。この網小屋を見て,私は,山形県鶴岡の映画村にある漁村のロケセットを想像してしまった。復元したものではないかと思われる。

 ソビエト体制になって,1950年ころから漁業の集団化(コルホーズ化)が始まり,船が隣の Vergi ヴェルキ村に集められてしまったため,アルティヤ村の住人は漁をできなくなり,この村の漁村としての歴史に幕を下ろさざるを得なくなった。現在,かつてのヴェルキの漁港はヨット・ハーバーになっていて,フィンランド人のヨットがやってくる。

・北に伸びる岬の先端にある網小屋の斜め前の海の中に浮かぶ子授け岩の名前は,字義通りには「子ども岩」(tite こどもの + kivi 岩)。女性がその岩に触ると子どもを授かるという言い伝えがあるところから,その名前がついたという。ただし,うっかり触っただけでも子どもが授かるというのではなくて,触り方がいくつか決まっていて,触りながら願いを込めるのだそうである。触りかたの説明はネットに書いてあると,同宿のエストニア人が教えてくれたのだが,まだ確認していない。

 アルティヤ村については,64ページのブックレットが出ていて,Sagadi や Palmse の領主館の土産物コーナーで売っている。エストニア語版と英語版がある。

・Enn Tarvel - Anne Kurepalu: Altja. 1996

村の観光地図 (クリックで拡大)
Altja_kaart2_2

アルティヤ村の居酒屋
Altja kõrts

観光絵葉書
Altja kaluriküla

岬の網小屋
Altja võrgukuurid

子授け岩,背景はヴェルキ港 Vergi sadam.
Altja Titekivi

|

« ツルの子を助けて - kurepoeg | トップページ | 自転車の盗難 - rattavargus »

建築」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/52471707

この記事へのトラックバック一覧です: アルティヤ村の網小屋 - Altja kaluriküla võrgukuurid:

« ツルの子を助けて - kurepoeg | トップページ | 自転車の盗難 - rattavargus »