« 20年後 - kakskümmend aastat hiljem | トップページ | NPO法人 - MTÜ ehk mitterulundusühing »

川へ泳ぎに行く - jõkke ujuma minema

 エストニアとロシアの東北の国境となっているナルバ川に泳ぎに行った33歳の男が行方不明になった。

 記事: Narva jõkke ujuma läinud mees jäi kadunuks (Postimees 2011/07/23)

 潜水夫が潜って川の底を探したが,何も見つからなかったらしい。写真は,ナルバ川と言っても春の大水の時のものらしく,事故とは無関係。夏になると,暑さをしのぐため,酩酊状態で湖や川に飛び込む男どもが多いため,水難事故は絶えない。

 川の流れが早いので,泳ぎに入るのは危ないというものから,ロシアに渡ったに違いないというものまで,いろいろなコメントがある。こういう場合,お気の毒にという声よりは,無謀なことをするアホなやつというふうに受け止める人のほうがエストニアでは多いという印象がある。

ナルバ川      Narva jõgi
川へ泳ぎに行く  jõkke ujuma minema
行方不明になる kaduma jääma, kaduma minema
帰ってくる     tagasi tulema
潜水夫       tuuker
捜索        otsing
成果        tulemused
男          mees

Narva jõgi

|

« 20年後 - kakskümmend aastat hiljem | トップページ | NPO法人 - MTÜ ehk mitterulundusühing »

旅行・地域」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/52292939

この記事へのトラックバック一覧です: 川へ泳ぎに行く - jõkke ujuma minema:

« 20年後 - kakskümmend aastat hiljem | トップページ | NPO法人 - MTÜ ehk mitterulundusühing »