« 不信任決議案 - usaldushääletus | トップページ | 学校は夏休み - suvevaheaeg »

ロシア人の30%がエストニアを敵対的と見る- vaenulik riik

 ロシアの民間調査会社 Levada Center が行った調査によると,ロシア人の30%が,エストニアをロシアに敵対する国と見ているという。

 記事: Kolmandik Venemaa elanikest peab Eestit vaenulikuks riigiks (Postimees 2011/06/01)

 世論調査は,5月の中旬,ロシアの45地域の130地区に住む合わせて1600人を対象に行われた。

 この調査でロシア人が敵対的な国とみている割合が最も高かったのは,グルジア (50%),ラトビア (35%),リトアニア (34%),アメリカ合衆国 (33%),エストニア (30%) の順番だったそうである。

 逆にロシア人がもっとも友好的と考える国は,ベラルーシ (35%),カザフスタン (33%),ウクライナ (21%),ドイツ (20%),中国 (18%)だった。

 アメリカに敵国のイメージがあるのは分かりやすいが,ドイツが友好国の上位に入っているのは意外な気がする。好き嫌いのどちらの場合にせよ,上位にくるということはそれだけロシア人の関心が高い国とみていいだろう。

敵対的な    vaenulik
非友好的な   ebasõbralik
友好的な    sõbralik
全ロシアの   ülevenemaaline
アンケート調査 küsitlus
ロシア      Venemaa
グルジア    Gruusia
ラトビア     Läti
リトアニア    Leedu
アメリカ合衆国 Ameerika Ühendriigid
ベラルーシ   Valgevene
カザフスタン  Kasahstan
ウクライナ   Ukraina
ドイツ      Saksamaa
中国      Hiina

Kolmandik Venemaa elanikest peab Eestit vaenulikuks riigiks

|

« 不信任決議案 - usaldushääletus | トップページ | 学校は夏休み - suvevaheaeg »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
ロシア人の30%がエストニアを敵対的と考えているというのは、誤った被害妄想だと思います。
ロシア人が敵対的と勝手に見なしている国のほとんどが、ロシアが過去(第二次大戦末期またはソビエト崩壊後)に卑劣な方法でこれらの国々の領土を占領して、それを既成事実化してロシアの領土と主張して、ロシアと対立している国々だからです。

ロシアは卑劣な方法でグルジアのアブハジア自冶共和国や南オセチアに傀儡政権を建てて支援しています。
またソビエト(ロシア)は第二次大戦末期にバルト三国のエストニア、ラトビア、リトアニアを強制的に併合して、エストニアのヤーニリン(ロシア名:イワンゴロド)などのナルヴァ川東岸地域、ペツェリ(Petseri 、ロシア名:ペチョリ)などのセトゥ地方、ラトビアのアブレネ地方(ロシア名:ピタロヴォ)などを不法に奪ってしまいました。
1920年7月12日にソビエト・ロシアからリトアニアが独立した時のビルニュス地方の国境線(後にポーランドが自国領に編入していまいましたが)も、ソビエト(ロシア)のリトアニア強制併合後に三分の一しかリトアニアに返還しませんでした。
日本の北方領土についても然(しか)りです。 8月15日の日本の降伏後にソビエト(ロシア)は千島列島に軍を進め北方領土を占領して、今ではロシアの自国領土であると主張し返還する意思もなく、日露平和条約も不要と言っています。

ナルヴァのYouTube を見ていて、ロシア人のコメントを見つけました。 彼はこれらの地域は元々ロシアの領土だったと学校で習ったと言っていました。
つまりロシア政府は国民に真実を教えずに、嘘を教えているのです。 

我々がロシアから北方領土を返還してもらうためにしなくてはいけない事は、真実を知らないロシアの一般大衆を ウィキペディアやYouTube を使って、ロシア語で北方領土やエストニアの領土はロシア政府(ソビエト政府)が、第二次大戦末期に不法に占領したものであるということを教育することから始めないと、何も解決しないと思います。

長々と書き込みをして申し訳ありません。

投稿: USA在住 | 2011/06/10 20:03

教育の影響は大きいでしょうね。もっとも私は思ったより少ない数字だと思いました。モスクワやペテルブルクのロシア人が大勢,年越しのためにタリンにやってくるので,タリンのホテルはその時期,ロシア人であふれます。エストニアにとっては書き入れ時です。エストニアの若者の間では,一時地に落ちたロシア語の人気がこのところ盛り返していると言われます。

参考までに,ペチョルイの学校とエストニアの学校の生徒の交流が最近は結構順調のようです。北方領土とは少し違った方向に進んでいるのだろうと思いたいですね。エストニアの乳製品の人気はペテルブルクではかなり高いようです。まあ,今のところはそんなに心配することはないんじゃないのかな。

ちなみに,韓国人は,日本を友好国とみているのでしょうか。知りたいところですね。

投稿: ブログの主 | 2011/06/10 20:21

注記: リトアニアがソビエト・ロシアから独立した時の国境線とは、1920年7月12日に調印されたソビエト・ロシアとリトアニアとの平和条約(モスクワ平和条約ともいう)により承認された国境線のことです。
    誤解がありませんように。

投稿: USA在住 | 2011/06/11 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/51836530

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア人の30%がエストニアを敵対的と見る- vaenulik riik:

« 不信任決議案 - usaldushääletus | トップページ | 学校は夏休み - suvevaheaeg »