« 氏名を変更する - nimevahetamine | トップページ | 6~9カ月もかかる - kuus kuni üheksa kuud »

公衆の面前で - kõigi silme all

 空港の手荷物検査,身体検査が世界中で厳しくなっているが,エストニアのタリン空港で,他の旅客が見ている前で,ミニスカートの裾をめくってチェックされたことに対して女性客が抗議してたそうである。

 記事: Tallinna lennujaama turvatöötaja kiikas naise seeliku alla (Tarbija24 2011/04/15)

 この記事の見出しをみて,生来品性下劣な私は,男性係官によるセクハラ身体検査かと勘違いしたのだが,身体検査は女性係官によって行われたものらしい。女性客によれば,人前でスカートをめくられたことに抗議すると,別室に連れて行かれ,もう一度,同じ検査をされたという。記事には,女性客と女性係官の両方の実名とおぼしき名前も載っている。

 記事によると,空港側は,身体検査は国際的に義務付けられているためやむを得ないことを説明した上で,係官の配慮が足らず,女性客に不愉快な思いをさせたことに対して詫びているという。

 幸い私はまだ体験したことがないが,おそろしく細かいところまで身体検査のできるX線透視装置が昨年 (2010) あたりから登場してきて,英語圏では nude-o-scope, strip-search machines, porno scanners などという愛称まで生まれているそうである。この装置,透過するX線を調べる従来の方式と違い,反射されるX線を見るものだそうで,きわめてリアルな映像が得られるらしい。しかもこの画像は一時的にせよデジタル・データとして保存されるはずだから,ネットに流れ出す危険性だってあるかもしれない。住みにくい時代になったものである。

空港       lennujaam
保安職員    turvatöötaja
スカートの中を seeliku alla
ミニスカート   miniseelik
旅行者     reisija
周りを囲む   ümbritsev
目        silm
前から     eest
後ろから    tagantpoolt
謝罪する    vabandama
安全規則    turvareegel
理由付けする  põhjendama
納得する    rahul olema
説明       selgitus
通過する    läbima
金属探知機   metallidetektor
ピーピー鳴る  piiksuma
念入りに    põhjalikult
検査する    läbi vaadama
身体      keha
あちこち触る  läbi kompama
スカートの裾  seelikusaba
ウエスト     talje
持ち上げる   üles tõstma
背中       selg
回転させる   keerama
衆目の中で   kõigi silme all
繰り返される  korduma
辱め       alandus
体験する    üle elama
嫌がらせする  ahistama
安全な      ohutu

Turvakontroll lennujaamas.

|

« 氏名を変更する - nimevahetamine | トップページ | 6~9カ月もかかる - kuus kuni üheksa kuud »

旅行・地域」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

本当に住みにくい時代です。何事も監視や検査をしなければ悪い人間が出てきて悪いことをする。それを防ぐために善い人間までもが不愉快な思いをする。
誰も不愉快な思いをすることなく悪を排除するための方法を私は考えたい。

投稿: D1995 | 2011/04/17 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/51403446

この記事へのトラックバック一覧です: 公衆の面前で - kõigi silme all:

« 氏名を変更する - nimevahetamine | トップページ | 6~9カ月もかかる - kuus kuni üheksa kuud »