« チェルノブイリ原発事故と被曝 - kiiritus | トップページ | タリン旧市街の仮装行列 - maskirongkäik »

タヌキ - kährik

 タヌキは,エストニアではそれほど珍しい動物ではないが,もともとはシベリアや東アジア起源の外来種である。

 記事: Tapal jäi kährik aia vahele kinni (Postimees 2011/03/30)

 そういえば,確かに,タヌキが出てくる民話はエストニアにはないような気がする。

 西ヴィル県 Lääne-Virumaa タパ Tapa の街で,タヌキが動けなくなっていたところを捕獲され,無事に森に戻されたそうである。

 関連記事: Vaktsineerimine kasvatas hüppeliselt rebaste ja kährikute arvu (Postimees 2009/10/13)
 関連ページ: きつね - rebane (2010/10/18)


タヌキ    kährik, kährikkoer
捕われる  kinni jääma
今朝未明  täna öösel
捕まえる  kinni püüdma
森に帰す  metsa tagasi viima
けがをする kannatada saama
外来種   võõrliik

Kährik

|

« チェルノブイリ原発事故と被曝 - kiiritus | トップページ | タリン旧市街の仮装行列 - maskirongkäik »

動物・植物」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/51277428

この記事へのトラックバック一覧です: タヌキ - kährik:

« チェルノブイリ原発事故と被曝 - kiiritus | トップページ | タリン旧市街の仮装行列 - maskirongkäik »