« 外国語の試験 - inglise ja vene keele riigieksamid | トップページ | 復活祭 (2) - lihavõtted »

立ち入り禁止の警戒区域 - keelutsoon

 福島第一原発の周りの半径20km圏内が,金曜日(22日)午前0時から,立ち入り禁止の警戒区域になったというニュースは,エストニアでも報道された。

 記事: Fukushima keelutsooni rikkujaid ähvardab karistus (Postimees 2011/04/22)

 警戒区域に立ち入ると,災害対策基本法により,10万円以下の罰金を科されるか,または30日間拘留されることになるらしい。遅かれ早かれ,法的措置が取られるだろうことは予想されていたにしても,自由に一時帰宅できなくなった地元の人々のショックは大きいに違いない。

一時帰宅する     oma kodudesse tagasi pöörduma (naasma)
必要な物を持ち帰る vajalikud esemed kokku korjama
半径20km圏内で 20 kilomeetri raadiuses
禁止区域      keelutsoon
違反する      rikkuma
脅かす       ähvardama
処罰         karistus
処罰する      karistama
地震        maavärin
被害を受ける   kahjustada saama
原子力発電所  tuumajaam
罰金        rahatrahv
自由の拘束    vabadusekaotus
禁止する     keelama
禁止        keeld
発効する     jõustuma
お願いする    paluma
住民        elanik
理解        mõistmine
地域,区域    piirkond
立ち入る     sisenema
立ち去る     lahkuma
避難区域     evakuatsioonitsoon
居残る      viibima
法律       seadus
放射線      radioaktiivne kiirgus
影響        mõju
防ぐ,避ける   vältima
窃盗        vargus
住人のいない住居 maha jäetud kodu
精確な情報    täpne info
退避させる    evakueerima
続いて起こる   järgnema
不快な      ebamugav
忍耐強い     kannatlik


右から2人目が枝野幸男官房長官らしい
Jaapani valitsuse esindaja Yukio Edano (paremalt teine) Fukushima prefektuuris.

|

« 外国語の試験 - inglise ja vene keele riigieksamid | トップページ | 復活祭 (2) - lihavõtted »

健康・医療」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

自分の土地であって、自分の土地でない...
その区域に住む人々はのショックは大きく、怒りがこみあげてくるのも当然。避難所を訪れた首相や、避難所を謝罪してまわった東電の社長に、今にも手が出そうな勢いで不満を訴えている様子をみると、彼らがどれほど辛い生活を送り、状況の改善を願っているのか少しずつ伝わってくる。
しかしこれだけではない。将来を考えると、今の立ち入り禁止区域には、人が住めなくなってしまうかもしれない。もし住めなくなってしまうのなら、なるべく早い段階で、政府は国民に伝えるべきではないでしょうか。

投稿: D1994 | 2011/04/24 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/51470721

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち入り禁止の警戒区域 - keelutsoon:

« 外国語の試験 - inglise ja vene keele riigieksamid | トップページ | 復活祭 (2) - lihavõtted »