« タリン旧市街の仮装行列 - maskirongkäik | トップページ | エストニアの新内閣 - uus valitsus »

キフヌ出身の国会議員 - esimene kihnlane riigikogus

 3月6日の総選挙で当選した国会議員たちが,エストニアの国会 Riigikogu に召集された。

 記事: Esimene kihnlane riigikogus: ülev tunne on (Postimees 2011/04/04)

 その中に,キフヌ島出身の女性新人議員 Annely Akkermann さんがいる。キフヌ島出身者が国会議員に当選したのは彼女が最初で,前職はパルヌ市助役 abilinnapea を努め,所属党派は,祖国・共和国連合 (IRL) だそうである。

 Akkermann 議員は,おそらくキフヌ島特有の文様の濃い赤系の色のスカートを身につけているはずだが,写真に写っているのはスカートではなくて,その上に飾りとして付ける前掛け põll らしい。何でもこの前掛けは,150年前から代々受け継がれ,一時期,スウェーデンに亡命し,後にカナダに移住した親族が大事にしていたものを,結婚のお祝いとして祖母から譲り受けたという由緒あるものだそうだ。

 なお,新国会議員の Akkermann さんは,国会内の図書室がとても気に入ったので,国会の会期中には,議事や会議の合間に通いたいと言っているそうである。

 後回しで付け足しのようになったが,火曜日(4/05)には,前日イルベス大統領から首相候補として提案された Andrus Ansip アンシプ氏が,国会でめでたく首相に指名され,組閣にとりかかったとも報じられている。

 記事: Riigikogu andis Ansipile volitused valitsuse moodustamiseks (Postimees 2011/04/05)

キフヌ人     kihnlane
国会       riigikogu
議員の宣誓   ametivanne
一歩       samm
市の助役    abilinnapea
有権者     valija
新米の     värske
議員       saadik
キフヌのスカート Kihnu seelik
飾る       ehtima
前掛け     põll
家族       perekond
婚礼の日    pulmapäev
祖母       vanaema
入り組んだ   keeruline
建物       ehitus
真実である   tõele vastama
迷子になる   eksima
目的地につく  kohale jõudma
気に入る    meeldima
図書室     raamatukogu
議事      istung
会議      koosolek

右から二人目の女性が Annely Akkermann 議員
Riigikogu liikmed tutvumas oma uue töökohaga. Paremal punases seelikus Annely Akkermann.

|

« タリン旧市街の仮装行列 - maskirongkäik | トップページ | エストニアの新内閣 - uus valitsus »

キフヌ島」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/51309803

この記事へのトラックバック一覧です: キフヌ出身の国会議員 - esimene kihnlane riigikogus:

« タリン旧市街の仮装行列 - maskirongkäik | トップページ | エストニアの新内閣 - uus valitsus »