« 夏時間へ移行 (2011) - suveaeg | トップページ | 春の兆し - lumekupp »

細かく裁断する - purustama

 ユーロに交換されたあと,エストニア銀行に集められた大量のエストニア・クローン札が,その後どのように処理されているのか,気になっていた。

 記事: Eesti kroonid lähevad Tallinna prügimäele (E24 2011/03/25)

 廃棄処分にするクローン札は,最初,焼却して電気と熱に変えて有効利用することも検討されたが,最終的には,細かく裁断して,環境基準を守りつつ,タリンのゴミ処分場に捨てられることに決まったらしい。

 関連ページ: エストニア・クローンのお札の肖像 - Eesti rahatähed (2010/10/16)

【付記】
 案の定,廃棄したクローン札をなぜ再利用しないで捨ててしまうのか,という疑問を呈した自治体の首長 vallavanem がいたらしい。

 記事: Eesti Pank: rahatähed pole paberist (E24 2011/03/28)

エストニア銀行の説明によると,お札は,木綿の繊維を主原料に,いろいろな材料が混ぜられているので,古紙としての再利用ができないという。ただ,ある読者のコメントが,ゴミとして下げ渡し,その処理会社が自由に処理することができるように,便宜を計ったのではないかと勘ぐっているが,あるいは,とも思わせるのはエストニアだからか。 [2011/03/29]


クローン      kroon
ゴミ処分場    prügimägi
ゴミ         prügi
流通から消える  käibelt kaduma
中央銀行     keskpank
(細かく)裁断する purustama
環境基準     keskkonnanõuded
比較検討する   kaaluma
可能性       võimalus
燃やす       põletama
電気と熱の生産 koostootmine
交換する      vahetama

Tallinna prügimägi.

|

« 夏時間へ移行 (2011) - suveaeg | トップページ | 春の兆し - lumekupp »

自然・環境」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/51225682

この記事へのトラックバック一覧です: 細かく裁断する - purustama:

« 夏時間へ移行 (2011) - suveaeg | トップページ | 春の兆し - lumekupp »