« 放射能と被曝 - kiirgus ja kiiritus | トップページ | ロシア語系学校の先生とエストニア語 (2) - vene õppekeelega kool »

死者・行方不明者 - hukkunud ja kadunud

 東日本大地震の死者行方不明が,木曜日 (3/17)には合わせて15000人に近づいたことが,エストニアのメディアでもすぐに伝えられた。

 記事: Jaapanis hukkunute ja kadunute arv kerkis ligi 15 000ni (Postimees 2011/03/17)

 今回の大地震関連の報道で驚くのは,外国のメディアのニュースを伝える早さと,その詳しさである。日本のテレビのニュースや,朝日新聞のウェブサイトの情報では不十分で,たとえば NY タイムズのオンライン記事を読んで初めて事情がわかることがあるくらいだ。

 エストニアにも当然早く伝わる。ときに事実関係が間違っていることがあるが,コンパクトに纏めて提示してくれるので,かえって全体がつかみやすい。死者・行方不明者の公式発表の数字も,今朝のものは朝日新聞のサイトで見たが,午後のものはまだ見ていなかったので,以下はエストニア経由の情報である。

 死者 5321人,行方不明 9329人,負傷者 2383人

 日本時間の木曜日正午現在の数字として上がっていたのは,死者 5178人,行方不明 8913人,負傷者 2285人だった。エストニアの新聞では,自衛隊を sõjaväelased 兵士たちと呼んでいる。「自衛隊は軍隊ではない」というような理屈を通すのは,国際的には無理である。

兵士,軍人   sõjaväelane
死体,遺体   surnukeha
死者       hukkunu
行方不明者   kadunu
負傷者      vigastatu
地震       maavärin
津波で命を失う tsunamis hukkuma
行方不明になる kadunuks jääma
公式の数字   ametlik arv
上昇する     tõusma, kerkima
警察発表で   politsei teatel
犠牲者      ohver
自然災害    looduskatastroof
洗い流す    maatasa pühkima
運命       saatus
不明の     teadmata

Jaapani sõjaväelased täna Yamadamachis kandmas tsunamis hukkunute surnukehi.

|

« 放射能と被曝 - kiirgus ja kiiritus | トップページ | ロシア語系学校の先生とエストニア語 (2) - vene õppekeelega kool »

ニュース」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

外国と日本のメディアで伝えている情報が違う。どちらが真実なのかはおいといて、メディアは真実を伝える必要があると思います。言わないほうが良いこともあるようですが、外国人が知っているのに、日本人が知らないなんてことは無いほうが良いと思います。

投稿: D1994 | 2011/03/18 02:15

東電が隠していたことがあるようなのは残念ですね。ふつう,人は過ちを自分から認めたくないもの。人間は完璧ではない。

原発事故の危険性はすべて確率の話だと思います。確率の場合すべて幅があって,日本国内では楽観的な数字や可能性の方が伝えられていると思います。

悲観的な方を伝えると社会不安がおこるので,かえってマイナスになる。国内向け情報を制限するのはある意味でやむをえないと思います。パニックが起こったら助かる命も助からなくなるし,だいいち東京に住む人たちが慌てて一斉に「自主退避」を始めたらそれこそ収拾がつかなくなってアウトです。すでに,ガソリンや米などの買いだめが東京でも見られます。いざとなったときに自分だけ生き残ろうとするのはしかたないとしても,今からそれをすることが広がったら困ると思います。

まだ冷静にしているから,事故の対策も試行錯誤で進んでいるのだと思います。情報制限は,この場合長期的にはわれわれの利益になると思います。

外国はそうではない。外国人は少数だから,いつだって逃げ出せるし,各国はいざとなれば自分たちに影響が及ばない範囲で日本を見捨てることだってできるから,確率的に悲観的な数字や可能性の方を伝えたほうがいいに決まっている。豚インフルのときだって大騒ぎをしたけど,それほどのことはなかった。大袈裟な対策をとって,あとで,大したことなくてほっとしたね,というほうが,対策の取り遅れで大きな被害を被って悔やむよりいいに決まってます。今度の場合も,アメリカをはじめ外国はすでに最悪の事態を想定して動いていると思います。

日本が英語圏になくj,日本人が英語で情報を得る習慣をもたないことが,今回はプラスに働いているかもしれない。

放射能を恐れずに現場で作業をいている人たちに感謝し,日本がもし生き残った時,彼らを国民的英雄として讃えませんか。

投稿: ブログの主 | 2011/03/18 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/51145028

この記事へのトラックバック一覧です: 死者・行方不明者 - hukkunud ja kadunud:

« 放射能と被曝 - kiirgus ja kiiritus | トップページ | ロシア語系学校の先生とエストニア語 (2) - vene õppekeelega kool »