« 投票日,タリンのバスは乗り放題 - sõidujänes | トップページ | システム障害 (2) - tõrge »

総選挙は与党改革党が勝利 - Eesti Reformierankond

 日曜日(3/6) に投票所投票が行われたエストニア国会議員選挙 Riigikogu valimised の結果がわかった。

 記事: Valimised võitis Reformierakond, Keskerakond teine (Postimees 2011/03/06)

 エストニア時間7日午前2時48分現在,開票数 575,014 票の時点での各党の得票率と議席配分とされているが,これが確定のようだ。野党の中央党が3議席を失い,与党2党(改革党+IRL)が合わせて6議席増,社民党は9議席増えて,ほぼ2倍になった。その一方で,小政党と無所属の候補が全滅した。与党連合は継続される見込みである。

 エストニア改革党 28.6% 33議席 (+2) [Eesti Reformierakond]
 エストニア中央党  23.3%  26議席 (-3) [Eesti Keskerakond]
 祖国・共和国連合  20.5%  23議席 (+4) [Erakond Isamaa ja Res Publica Liit; IRL]
 社会民主党     17.1%  19議席 (+9) [Sotsiaaldemokraatlik Erakond]

 議席を獲得できなかった小政党の得票率は,次のとおり。

 緑の党 Rohelised               3,8%
 人民連合 Rahvaliit               2,1
 キリスト教民主党 Kristlikud demokraadid 0,5
 ロシア党 Vene erakond            0,9
 独立党 Iseseisvuspartei           0,4
 無所属候補 üksikkandidaadid        2,8

 参考までに,ロシア党の支持がほとんどゼロに近いのは,ロシア語系の住民のほとんどが,サビサール・タリン市長が党首として率いる中央党を支持しているためである。

 個人の得票数では,予想通りサビサール・タリン市長が圧倒的な強さを見せつけた。石原慎太郎都知事が衆議院選挙の選挙区でトップ当選したような構図である。社会民主党は,イルベス大統領の出身の党である。

 1. Edgar Savisaar  23,012 [中]
 2. Andrus Ansip    18,981 [改]
 3. Urmas Paet     10,791 [改]
 4. Mart Laar       9,547 [祖]
 5. Keit Pentus      8,788 [社]

 発表されていないようだが,有権者数が約 911,700人なので,投票率は約63%と推定される。101人の当選者のうち女性議員は20人,そのうちの7人が中央党所属である。

 記事: Riigikokku pääses 20 naist (Postimees 2011/03/07)

エストニアの投票用紙
Hääletussedel.

|

« 投票日,タリンのバスは乗り放題 - sõidujänes | トップページ | システム障害 (2) - tõrge »

社会」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/51056189

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙は与党改革党が勝利 - Eesti Reformierankond:

« 投票日,タリンのバスは乗り放題 - sõidujänes | トップページ | システム障害 (2) - tõrge »