« フライパンの底に焦げ付く - põhja kõrbema | トップページ | エストニア語の綴りと発音 - b, d, g »

火山の噴火 - vulkaani purskamine

 エストニアの新聞 Postimees のサイトが,宮崎,鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)の噴火を写真入りで報じている。

 記事: Jaapani vulkaan peletab inimesi kodudest (Postimees 2011/02/01)

 52年ぶりの噴火だが,今回のような大噴火は,1716年から1年半続いた江戸時代の噴火以来らしく,日本では大きな話題だが,エストニアの読者のコメントは実感がないのがほとんどで,中にこんなものがあった。

hea mõelda, et meie Munamägi ei purska. Eesti on elamiseks ikka päris hea koht.
幸い,ムナマキ山【*注】は噴火しない。エストニアは本当に住みやすいところだ。

 まだ,記事が最初に出たときは,1421メートルを山の高さではなく,危険域の半径だと記者が勘違いしていて,読者が指摘したらしい。私が見たときには修正されていた。

 しかし,この写真だが,知らずに見たら,原爆のきのこ雲と勘違いしそうである。

【*注】 エストニアの最高峰で海抜318メートル。エストニアの東南の外れにある。Munamägi は2つあるが,ふつうは高い方の Suur Munamägi 大ムナマキ山のことをさす。

火山         vulkaan
脅かす        peletama
日本の西南部で  Jaapani edelaosas
空中に噴き上げる õhku paiskama
噴火する      purskama
噴火         purse
灰,火山灰     tuhk
岩石         kivi
煙,噴煙      suits
地元の       kohalik
火山の麓      vulkaani jalam
避難する      evakueerima
危険         ohk
爆発         plahvatus
打ち砕く,割る   lõhkuma, purustama

Shinmoedake vulkaan Kagoshima ja Miyazaki prefektuuris


大ムナマキ山。中央遠方の森。
Suur Munamägi (taamal, metsane)

|

« フライパンの底に焦げ付く - põhja kõrbema | トップページ | エストニア語の綴りと発音 - b, d, g »

旅行・地域」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

現地に住む人でさえ初めて体験するというこの新燃岳の噴火、学者たちはリアルタイムで立ち会えて喜んでいるでしょうが、今必死に観察、研究しているのでしょうか。なによりも、現地の人が普段の生活をいち早く取り戻せると良いのですが。。。
富士山が噴火したら、、、なんて考えたらこわいです。日本の経済や都市機能にも影響するでしょう。。
そういえば、エストニアに活火山はないのですか?

投稿: D1994 | 2011/02/02 00:38

ちょっと書きましたが,そもそも山がない国なのです。なにしろ最高峰の山(?)が海抜318メートルしかないので。参考までに,私の故郷の村は海抜が460メートルくらいありますが,村人は平地に住んでいると思ってます。

投稿: ブログの主 | 2011/02/02 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50749115

この記事へのトラックバック一覧です: 火山の噴火 - vulkaani purskamine:

« フライパンの底に焦げ付く - põhja kõrbema | トップページ | エストニア語の綴りと発音 - b, d, g »