« タリン大学の次期学長 - rektor | トップページ | この冬一番の寒さ (2011) - 30-kraadine pakane »

オーロラ - virmalised

 今太陽は活動記に入っていて,月曜日(2/14)の深夜に太陽から地球の方向に向かって太陽風のプラズマが強く吹き出したとかで,今週はオーロラがエストニアあたりでも見えるようだ。

 記事: Päikesepurse toob virmalised ja magnettormid (Postimees 2011/02/17)
 記事: Lugeja püüdis fotole virmalised (Postimees 2011/02/15)
 記事: Taevas võib näha virmaliste mängu (Pärnu Postimees 2011/02/15)
 関連記事:
  Üleskutse: pildista virmalisi (Pärnu Postimees 2011/02/15)
  Looduspilt: lugeja tabas öisest taevast võimsad valgussambad (Postimees 2011/01/03)

 エストニアで撮影されたオーロラの写真はいくつかネット上でも見ることができるが,よく写真集で目にするラップランドやアラスカのように色鮮やかで華やかなオーロラはエストニアの緯度では期待できないようだ。それに今週は寒波。氷点下25~30度の真夜中に,カメラを準備してオーロラが出るのを森の外れでじっと待つのは,かなりの勤行だろう。しかし,空が暗く,しかも極地に近くないと見えないわけだから,文句を言っても始まらない。嫌なら無理してまで見に行かなければいいだけのことである。

空        taevas
オーロラ     virmalised
運がよければ hea õnne korral
北の空     põhjataevas
真夜中     kesköö
今夜       täna öösel
噴き出す    purskama
太陽      Päike
地球      Maa
太陽風     päikesetuul
磁気嵐     geomagnetiline torm
引き起こす   tekitama
遠く南方まで kaugemale lõunasse
氷点下の寒さ pakane
色        värv
緑色の     roheline
赤い       punane
酸素       hapnik
窒素       lämmastik
大気圏     atmosfäär
北極圏     polaarjoon
毎夜の     igaöine
まれな     haruldane
北方      põhjakaar
層        kiht
粒子      osake
写真にとる  pildistama
カメラ      fotokas, fotoaparaat, kaamera
晩になると  õhtuti
夜になると  öösiti

-28℃の厳寒の中で写したオーロラの写真 (Harjumaa, 撮影日:2011/02/14)
Ööl vastu teisipäeva Kuusalu vallas pildistatud virmalised.

オーロラの光が氷の結晶で反射されると光の柱ができる (Jõgevamaa, 撮影日:2010/12/28)
Valgussambad tekivad valguse peegeldumisel jääkristallidest edasi.

2月13日,北ノルウェーで撮影されたオーロラ。エストニアは緯度が低いため,
残念ながらこんな見事なオーロラは見えない。緑は酸素原子が出す光の色。
Virmalised Põhja-Norra taevas 13. veebruaril 2011.

|

« タリン大学の次期学長 - rektor | トップページ | この冬一番の寒さ (2011) - 30-kraadine pakane »

天気・気候」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50888785

この記事へのトラックバック一覧です: オーロラ - virmalised:

« タリン大学の次期学長 - rektor | トップページ | この冬一番の寒さ (2011) - 30-kraadine pakane »