« アルコール消費量 - alkoholitarbimine | トップページ | エストニア語電子書籍を読もう - e-raamat »

水に沈む - vee alla vajuma

 話題になっている氷上道路 jäätee だが,通行可能とされた日でも,通行が100%安全なものと考えないほうがいいようだ。

 記事: Väljaspool jääteed sõitnud auto vajus vee alla (Postimees 2011/02/21)
 記事: Galerii: Hiiumaa ja mandri vahelise jäätee ettevalmistus (Postimees 2011/02/18)

 すでに今年の冬は,今月(2月)12日に,氷上道路として指定された経路以外の氷上を通行した車が水没する事故が起こっている。

 道路局は,氷上道路の重量制限が2.5トンであること,夜間は通行を避けることを呼びかけている。

 氷上道路の道路情報は,毎日,インターネットに掲載される。たとえば,2月20日の氷上道路の通行時間は,ネットで調べるとこんなふうだった。

  Haapsalu-Noarootsi 3,5 km ─ 18:00 まで
  Rohuküla-Hiiumaa  25,5 km ─ 17:30 まで
  Hiiumaa-Saaremaa 17 km ─ 17:30 まで
  Rohuküla-Vormsi   9,5 km ─ 17:30 まで

 記事: Täna on avatud neli jääteed (20.02.2011 10:52) (ilm.ee)

 関連ページ:
  危険を承知で - omal riisikol (2010/02/01)
  氷上道路 - jäätee (2011/02/03)

【補足】 日本的に考えると事故が起こった場合,その氷上道路は閉鎖されそうに思うかもしれないが,そうはならない。ところで,考えてみると,日本人の考えかたには一貫性がない。殺人事件があったということで秋葉原の歩行者天国は長い間中止に追い込まれた。その一方で,水難事故があった海水浴場が閉鎖されとか,遭難が相次いだ山の冬登山が禁止されたとかいう話は一切聞かない。私が毎日利用する,東武東上線はしょっちゅう人身事故で電車が止まって,通勤客だけでなく,沿線の駅前の飲食業者も多大な迷惑を被っているが,何事もなかったかのように毎日営業を続けている。

 かつて,冬になると雪に閉ざされて,陸の孤島になった信越県境の秋山郷も,今は道路が整備されて冬でも車で行けるようだ。ただし,行ってみればわかるが,道路はたいへんな崖っぷちを通っていて,谷も深い。しばらく前までは,途中携帯の電波が届かないところもあった。もし崖下に落ちる事故が起こったとしても誰も驚かないと思うが,エストニアの氷上道路と比べ,どちらがより危険か,簡単には決められない。いずれにしても,住民の生活がかかっている道路を,事故が起こったと言って,簡単に通行止めにできるような話ではないことだけは共通していると思う。 (2011/02/24)

氷上道路   jäätee
氷上道路以外で väljaspool jääteed
運転する   sõitma
自動車    auto, sõiduk
水面下へ   vee alla
沈む      vajumaa
溺れる     vajuma, uppuma
氷の下へ   jää alla
けが      viga
警告する    hoiatama
命の危険がある    eluohtlik
不幸な結末を迎える traagiliselt lõppema
道路局     maanteeamet
想起させる   meelde tuletama
通行する    liiklema
明るい時間に valgel ajal
監視事務所  järelevalvetalitus
情報掲示板  infotahvel
危険       oht

Hiiumaa ja mandri vahelise jäätee ettevalmistus.

2011/02/12 の事故現場
Õnnetus Kessulaiul 12. veebruaril 2011. Lumel on näha sõidujälgi kuni jääpraoni.

2009/02/20 の事故現場
Õnnetus jääl 20. veebruaril 2009.

|

« アルコール消費量 - alkoholitarbimine | トップページ | エストニア語電子書籍を読もう - e-raamat »

交通・道路」カテゴリの記事

天気・気候」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50937871

この記事へのトラックバック一覧です: 水に沈む - vee alla vajuma:

« アルコール消費量 - alkoholitarbimine | トップページ | エストニア語電子書籍を読もう - e-raamat »