« エストニア人と自殺 - enesetapp | トップページ | 村上春樹のエストニア語訳 - Haruki Murakami eesti keeles »

氷上道路 - jäätee

 今年 (2011) も氷上道路が話題になる時期になったが,気温が比較的高いため,表面が滑りやすく,去年ほどは利用できない状態のようだ。

 記事: Jääteed ootavad sula lõppu (Postimees 2011/02/01)

 当面は,ハープサル湾を南北に横切る Haapusalu-Noarootsi ハープサル・ノアローチ半島間の氷上道路以外の通行はできず,たとえば,ヒーウマー・本土間,ヒーウマー・サーレマー間は見込みがないわけではないが,キフヌ島・本土間の氷上道路の開通は危ぶまれているという。

 氷の厚さは50センチメートルくらいのところもあるが,3層構造になっていて,状態が極めて悪いらしい。一番下の層は,12~25センチの厚さの固いしっかりとした氷だが,その上の層は水が混じっていたためきめの粗い氷で,一番上の層は雪が凍ったもので厚さはあるが,重さに耐えられない。氷の表面に水泡ができていたり,亀裂が生じていたりするところが多いだけでなく,サーレマーとヒーウマーの間には海が凍っていない箇所もあって,別のルートを探す必要さえあるらしい。

 雪が多かった影響が大きいという。深く積もった雪の下では厚い氷ができないのだそうである。

 関連記事:
  氷の道 - jäätee (Postimees 2010/01/14)
  危険を承知で - omal riisikol (Postimees 10/02/01)
  連絡船 - praam (Postimees 10/02/01)

氷        jää
氷上道路    jäätee
穏やかな天気 sula
表層,最上層 pealmine kiht
弱い,もろい  nõrk, nõrguke, nõrgake
道路局     maanteeamet
降参する    püssi(d) põõsasse viskama
強い       tugev
希望       lootus
本土       manner
湾         laht
厚さ        paksus
中間層      vahepealne kiht
肌理の粗い   kore
抵抗力      vastupidavus
上の       ülemine
雪         lumi
支える力     kandevõime
水泡       veekott
亀裂       pragu
水を通す     vett läbi ajama
海原       avavesi
氷の状態    jääolud
多かれ少なかれ enam-vähem
冬らしい冬   tubli talv


Jäätee

|

« エストニア人と自殺 - enesetapp | トップページ | 村上春樹のエストニア語訳 - Haruki Murakami eesti keeles »

交通・道路」カテゴリの記事

天気・気候」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50756301

この記事へのトラックバック一覧です: 氷上道路 - jäätee:

« エストニア人と自殺 - enesetapp | トップページ | 村上春樹のエストニア語訳 - Haruki Murakami eesti keeles »