« 火山の噴火 - vulkaani purskamine | トップページ | エストニア人と自殺 - enesetapp »

エストニア語の綴りと発音 - b, d, g

 エストニア人が日本でも話題になるに連れ,エストニア語の人名地名などのカタカナ表記がネットでもよく見られる。

 非常に残念なのは,エストニア語の綴りと発音の関係を知らずに,カタカナ表記が行われていることだ。そのいい例が b,d,g だ。これを,バビブベボ,ダデド,ガギグゲゴで書く人が多いがこれはおかしい。エストニア語を実際に聞いたことがあれば,まともな耳なら パピプペポ,タテト,カキクケコで聞き取るはずだ。音声学的にも有声音ではない。

 エストニア語の b,d,g は p,t,k を表しているとするのが実際の発音に近いし,言語学ではそうしている。中国語の地名人名のラテン文字表記とよく似ている。英語では,中国語の地名を英語式に読んでしまうので紛らわしいが,惑わされないほうがいい。たとえば,中国の地名をカタカナ書きするなら,次のようになる。学校でもそう教えているはずなので,地図帳で確認されたい。ただし,ペイチンは慣用でペキンが定着している。

 北京 - Beijin  - ペイチン
 東北 - Dongbei - トンペイ
 山東 - Shandong - シャントン

 韓国語も一見似ているが,語頭だけ p,t,k と読み,母音間では b,d,g と読むので中国語の場合と少し違う。たとえば,日本語でいうプルコギは,韓国語では 불고기 で,英語では bulgogi と書いている。でも 日本人ならブルゴギとは書かないはずだ。

 エストニア人は,韓国人と似ていて,柿と鍵と餓鬼,天気と電気,パンクとバンクなどがうまく区別ができない。これは,日本人が 英語 rub - love, rice - lice, vote - boat, sink - think の区別がうまくできないのと似た話である。あるいは,病院と美容院の発音の違いが区別ができないアメリカ人にも似た話である。言語にはそれぞれ癖がある。

 日本語をかじったエストニア人が,Kaido は「カイ」とかくべきだなどという話は鵜呑みにしないほうがいい。理恵さんが,自分の名前は Rie ではなく Lie と書くべきだと主張して譲らないようなもので,日本語や英語の発音のことが本当にわかって言っているわけではない。ふつうのエストニア人にとっては,日本語のカイトカイドガイトガイドはみな同じに聞こえてしまう。韓国人にとってワタクシもワダグシも同じに聞こえてしまうのと似ている。把瑠都の名前の漢字表記のほうは凱斗 (ガイト!) で,カタカナ表記と食い違いがあるのに,本人はいっこうに気にしていないようなのはそのためである。

 というわけで,もし現地音を日本人が聞いたときの印象を尊重するなら,エストニアの国会 Riigikogu は「リー」ではなくてリーキコク,中部エストニアの町 Viljandi は「ヴィルジャンディ」ではなくてヴィリヤンティのほうが日本語表記としてふさわしい。

 エストニア語のカタカナ表記についても,お隣りの中国語や韓国語の場合と同じような注意を払って欲しいものだと思う。

【補足】 たとえば語頭の G の発音を確認するためには,このニュース映像がいいかもしれない。先ごろヨーロッパの選手権のフィギュアスケートで好成績をあげた15歳の少女 Gerli Linnamäe 名前が最初のほうで何度も聞ける。ゲと聞こえるかケと聞こえるか,確かめていただきたい。なお, Kerli という名前もあるが,発音は同じである。 (2011/02/08)

 映像: Iluusisutaja Gerli Liinamäe karjäär maksab vanematele (ERR, ETV1 2011/02/02)

|

« 火山の噴火 - vulkaani purskamine | トップページ | エストニア人と自殺 - enesetapp »

旅行・地域」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

コメント

今度エストニア語の聖歌を歌うので勉強しようと思っていたのですが
助かりました!
ありがとうございます。

投稿: とある中学生 | 2011/09/23 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50728039

この記事へのトラックバック一覧です: エストニア語の綴りと発音 - b, d, g:

« 火山の噴火 - vulkaani purskamine | トップページ | エストニア人と自殺 - enesetapp »