« タリン市警察本部 - Tallinna Munitsipaalpolitsei Amet | トップページ | エストニア紹介のラジオ番組 »

さらば,クローン - krooni viimane päev

 今年の元旦からユーロが導入されたエストニアでは,最初の2週間だけはクローンの現金での支払いもできたが,今日15日からはユーロだけになる。クローンの現金は,銀行に持って行って,ユーロに換金しないともはや使えない。

 記事: Krooni viimane päev: natuke on ikka kahju (E24 2011/01/15)
 記事: Päeva karikatuur: Jakobson ei ole enam teretulnud (E24 2011/01/14)
 記事: Homme saab viimast päeva kroonides maksta (E24 2011/01/13)

 小さなトラブルだけで,大きな混乱は店頭では起きていないらしい。ユーロの偽札がタリンでかなり発見されているほか,ポーランド,ロシア,エジプトなどのユーロ以外の硬貨が使われたケースもあるらしい。見慣れないうちは,本物かどうかはすぐに気づかないので,しばらくの間,スーパーのレジなどでは,混乱に乗じた不正がなくならないだろう。

 記事: Kaupmehed: euro tõi naljakaid ja omanäolisi juhtumeid (E24 2011/01/14)

 エストニア銀行によれば,14日現在,エストニアで発行されたユーロ紙幣,ユーロ貨幣の総額は2億6600ユーロ (41億6000クローン),まだ国内に流通している旧通貨は31億クローン (1億9800万ユーロ相当)だそうである。クローン紙幣・貨幣のユーロ紙幣・貨幣への両替は,6月末まではすべての銀行の窓口でできる。それ以後は,両替所が限られ,来年 (2012) の1月からはエストニア銀行の窓口だけになる。この両替には手数料がかからない。

 スーパーのチェーン Prisma の担当者によると,この2週間は,つり銭の間違い (クローンで支払っても釣りはユーロ),ユーロ値段の計算間違い,レジ係によるクローン硬貨の受取拒否のような問題がなかったわけではないが,どちらかといえば,思わず笑ってしまいそうな小さなトラブルのほうが目立ったという。たとえば,ユーロ導入に対する苦情をレジ係りに述べ立てた客,他国の通貨の硬貨で支払おうとした客,他国発行のユーロ硬貨をエストニア発行のユーロ硬貨に交換してくれと言ってきた客,ユーロの釣りを拒否して,クローンでくれと要求した客などがいたそうだ。

クローン   kroon
支払う    maksma
現金     sularaha
発行する   väljastama
価値     väärtus
交換する   vahetama
手数料    teenustasu
スーパー・チェーン kaubandusvõrk, kaupluskett
顧客     klient
レジ係    kassiir
レジ     kassa
通貨     valuuta
広報担当   avalikud suhted
情報を伝える informeerima
予期しない  ootamatu
ユーロ硬貨  euromünt
正確に    korrektselt
釣りを返す  tagasi andma
価格     hind
四捨五入する ümardama
拒否する   keelduma
受け取る   vastu võtma

Sorri vana. Alatest tänasest pole sul enam meie juurde asja!
失礼,ご老体。今日からは,あんたはここでは用済みだよ。
(500クローン紙幣の肖像が Carl Robert Jakobson)
Päeva karikatuur: Jakobson ei ole enam teretulnud

エストニアで使われたユーロ硬貨とそっくりのエジプトの硬貨。
韓国の500ウォン硬貨が日本の500円硬貨にそっくりなことを思い出した。
Egiptuse münt, mille tasuti peale euro tulekut ühes Prisma peremarketis.

|

« タリン市警察本部 - Tallinna Munitsipaalpolitsei Amet | トップページ | エストニア紹介のラジオ番組 »

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

ユーロ導入によるエストニアの物価の上昇は大きかったのでしょうか。数年後の物価を予測するのは難しいのかもしれませんが、エストニアへの留学を考えている者として物価はとても気になります。

投稿: D1994 | 2011/01/15 12:53

ユーロへの移行を直接のきっかけとした便乗値上げというのはほとんどなかったのではないように理解してます。

ただ,長期的に見ると,だんだんとフィンランドの物価に近づいていくということになるかもしれないですね。「物価が上がる」(01/07) に書いたように,この20年間で物価が10倍になったらしい。だんだんに物価が上がったからそれほどきがつかなかったけれど,たしかにいろいろ高くなりました。でもまだまだ北欧レベルには届かない。

投稿: ブログの主 | 2011/01/15 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50590368

この記事へのトラックバック一覧です: さらば,クローン - krooni viimane päev:

« タリン市警察本部 - Tallinna Munitsipaalpolitsei Amet | トップページ | エストニア紹介のラジオ番組 »