« タリン黒頭組合会館 - Tallinna Mustpeade Maja | トップページ | 持ち去る - kaasa võtma »

ラスナマエのロシア正教会 - Vene kirik Lasnamäel

 タリンの有名な合唱祭広場 Lauluväljak のさらに東に Lasnamäe ラスナマエと呼ばれる住宅地域がある。東京で言えば高島平のようにアパート群が建てられて人が入居してできた町だから,ラスナマエの居住者はほとんどがよそ者,つまりロシア語系である。ここで,ロシア正教会の建築が進んでいる。

 記事: Lasnamäe kirik saab varsti kupli alla (Postimees 2011/01/)

 関連ページ: トーンペアのロシア正教会 - Aleksander Nevski katedraal Toompea (2010/03/09)
 関連ページ: メディアの注目を浴びる - meedia tähelepan (2011/01/09)

 年末にマスコミを賑わせた資金調達疑惑 rahastamisskandaal は,タリンに建設中のロシア正教会の建築資金をロシアから調達しようと奔走していたサビサール市長 Edgar Savisaar が,ついでに自分が党首を務める中央党の選挙資金を上乗せしてもらおうと画策したのが公安警察に摘発され,政府から待ったがかかったというような話だった。

 正教会の建設は,エストニアに住むロシア人にとって象徴的なできごとであり,その成否は,ロシア語系住民の支持を背景にタリン市長を務めるサビサール氏の命運にかかわる。しかし,この正教会の建設が,タリン市民の半分を占めるエストニア語系住民にとっては,あまり気分のいい話ではないのも事実である。

 大掛かりな正教会の建設といえば,トーンペア丘に1900年に完成したアレクサンドル・ネフスキー大聖堂がある。とにかく目立つ建物だから,知らない人は,この正教会が,世界文化遺産・タリン歴史地区のメインの建物だと勘違いして満足して帰っていく (かもしれない)。

 ただ,ロシア人たちがときに威圧的とも感じられる方法でその存在を示そうとするときは,自分たちの存在に不安定な要素を感じ始めたときなのではないかと,私は考えている。言い換えると,エストニアのロシア語系住民たちは精神的に守勢にたっていると感じていると見たほうがいい。ロシア帝国が末期に近づいた19世紀末に始まったロシア化政策は,1905年の日露戦争における敗北により転換を迫られるまで続く。ロシア化政策に対するフィンランド人の反抗を象徴するのが,シベリウス作曲の「フィンランディア」であったことはよく知られている。タリンのトーンペアの大聖堂の建築が行われたのもちょうどこの時期だ。

 ソ連邦崩壊から20年,今,エストニアに住むロシア語系の人々は転機をむかえている。エストニアの独立回復後に生まれ,ソビエト時代を知らない世代がもう成人を迎える一方で,ロシア語系の高校では,今年の秋の新学期から,授業の6割をエストニア語で行うことが義務付けられる。

 エストニアは歴史的には,ルーテル派プロテスタントの国だったが,現在では,ロシア正教会が信者の数では国内最大の教会である。しかも,ロシア正教徒のほうがルーテル派信者に比べて,信仰心が圧倒的に強い。エストニアに生まれ,エストニアで教育を受け,ロシア正教会に通うロシア語系の住民が,今後エストニア社会で,どのようにして社会的少数派としてのアイデンティティを形成し,エストニアの文化に貢献して行くことになるのか興味深い。たとえば,ソビエト時代には生まれることのなかった,エストニアのロシア語文学のようなものが今後生まれる可能性がある。あるいは,エストニア人作家とは少し違う雰囲気の作品をエストニア語で書くロシア人作家が現れるかもしれない。

 おっと,少し先走りすぎたようである。

 関連ページ: ルーテル教会と正教会 - luteri usk ja õigeusk (2010/11/17)

教会       kirik
丸屋根,キューポラ kuppel
ロシア教会   vene kirik
建築       ehitus
塔        torn
壁        sein
高さ       kõrgus
十字架     rist
据える,設置する paigaldama
立法メートル  kuupmeeter
住宅      elamu
祭壇      altar

Niisugune hakkab kirik välja nägema siis, kui ta ükskord täiesti valmis on..

教会の「本堂」。この上に丸屋根の塔 (次の写真) が建てられる。
Lasnamäe kiriku ehitusel käib töö kahes vahetuses..

2月19日には丸屋根の上に十字架が据えられる予定という
Praegu pannakse paika viimaseid kirikutorni seinapaneele..

教会の正面近くでは公団アパート(?)の建設も進められている
Kiriku naabruses käib vilgas munitsipaalelamuehitus.

|

« タリン黒頭組合会館 - Tallinna Mustpeade Maja | トップページ | 持ち去る - kaasa võtma »

建築」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50718340

この記事へのトラックバック一覧です: ラスナマエのロシア正教会 - Vene kirik Lasnamäel:

« タリン黒頭組合会館 - Tallinna Mustpeade Maja | トップページ | 持ち去る - kaasa võtma »