« 現金自動出入機 (ATM) - sularahaautomaat | トップページ | エストニアの祝祭日 (2011) - riigipühad ja rahvuspühad »

ユーロがやってきた - Tere tulemast ja hüvastijätt

 年が開けて,エストニアはユーロ圏に加盟。タリンのエストニア劇場の前の劇場広場 Teatri väljak で開かれていた年越しのイベントに出席していたアンシプ首相 Andrus Ansip は,2011年1月1日0時19分,会場に特設された現金自動出入機から最初のユーロ札を引き出し,これは額に入れて大事に飾っておく,と聴衆に約束した。

 記事: Ansip lubas esimese euroraha ära raamida (E24 2011/01/01)
 記事: Galerii: eurovastased pidasid krooni matuseid (Postimees 2010/12/31)

 アンシプ首相は,詩人 Gustav Suits スイツ (1883-1953) の言葉 Oleme eestlased, aga oleme ka eurooplased 【*注】を引用して,「われわれはエストニア人だ,しかしヨーロッパ人でもある,という宣言が,ユーロの導入によって,名実ともに実現した。だが,エストニアはユーロ圏のもっとも貧しい国であることを認識しよう。道はまだ長い」と語った。参考までに,エストニア人がいう「ヨーロッパ」と対になる概念は「ロシア」である。たとえば,ナルヴァ川は,ソ連時代には「ヨーロッパとロシアの境界」と言われていたから,列車で (当時は飛行機は使われなかった) モスクワ出張するエストニア人で,ナルヴァ川の鉄橋を渡るとき,コニャックを酌み交わしながら「ヨーロッパとの別れ」を惜しむ人もあって,私もごちそうになったことがある。

 ちなみに,アンシプ首相が引き出したのは20ユーロ札,これに対して,クローン導入時の財務大臣の Siim Kallas カラス欧州議会議員は100ユーロ札だったそうである。

 他方,ユーロ導入に反対していた人々は,大晦日の晩に市内の各地にクローン札を2~3枚貼りつけた赤いハート型の扇子のようなプラカードをたてたり,エストニア銀行の前をエストニア・クローンの墓に見立て,ロウソクに火を灯すなどして,ユーロ導入を風刺する催しを行った。日本だったら「非国民」にされかねない行為で,厳戒警備体制をとる警官隊によって排除されたであろう。少数意見が自由に述べられる国は羨ましい。

【*注】 エストニア人と同じく,フィンランド人もロシア人を強く意識することによって,民族意識を高めてきた。フィンランド語にも似たような19世紀の名言がある。

Ruotsalaisia emme enää ole, venäläisiksi emme voi tulla; meidän täytyy olla suomalaisia.
われわれはもはやスウェーデン人ではないが,ロシア人にはなれない。われわれはフィンランド人になるのだ。

【補足】 ユーロ導入は,アンシプ政権の輝かしい成果であるが,国民のすべてが諸手を挙げて賛成したわけではない。ユーロ圏加盟を余命短い花嫁との結婚や,(沈没が運命づけられた)タイタニック号への乗船などの比喩を使って,そのリスク面に対して懐疑的になっている人たちが少なからずいる。 (2011/01/04)

 参考ページ: 保存する - säilitama (2010/05/14)


額に入れる    raamima
真夜中       südaöö
現金自動出入機 sularahaautomaat
約束する     lubama
紙幣        rahatäht
大きな一歩    suur samm
認定,証明    tunnistus
エストニア人   eestlane
ヨーロッパ人   eurooplane
認定する,認める tunnistama
(譲歩的に)認める möönama
貧しい      vaene
豊かな      rikas
葬式       matus
意思表示する  meelt avaldama
示威行動    meeleavaldus
経済       majandus
追悼する    mälestama
ロウソク     küünal
プラカード,ポスター plakat


特設の現金自動出入機で最初のユーロ札を引き出したアンシプ首相 Andrus Ansip
Peaminister Andrus Ansip võttis sularahaautomaadist esimesed eurod.

Tere tulemast Titanicule! - エストニア人の皆さん,タイタニック号へようこそ。
当船はまもなく沈没致します。[ 画像拡大 ]
Eurovastased avaldasid Eesti Panga ees euro tuleku vastu meelt, pidades krooni matuseid.

エストニア銀行前
Galerii: eurovastaste meeleavaldus vana-aasta õhtul

|

« 現金自動出入機 (ATM) - sularahaautomaat | トップページ | エストニアの祝祭日 (2011) - riigipühad ja rahvuspühad »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50460959

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロがやってきた - Tere tulemast ja hüvastijätt:

« 現金自動出入機 (ATM) - sularahaautomaat | トップページ | エストニアの祝祭日 (2011) - riigipühad ja rahvuspühad »