« 新宿のルミネはエストニア語? - lumine | トップページ | 餅を食べて窒息する - ära lämbuma »

部分日食 - osaline päikesevarjutus

 火曜日(1/4)の午前中,ヨーロッパ各地で部分日食が見られた。エストニアではあいにく全国的に曇りの天気だったが,午前10時51分に,太陽の直径の85%,表面積にして80%が月の影に隠れるのが,一部の地域で観察できたようだ。

 記事: Teisipäeval saab vaadelda osalist päikesevarjutust (Postimees 2011/01/03)
 記事: Piltuudis: selges taevas näeb päikesevarjutust (Postimees 2011/01/04)
 記事: Galerii: päikesevarjutus Eesti eri paigust nähtuna (Postimees 2011/01/04)

 読者の投稿写真を見る限りでは,日食は,西エストニア,北エストニアでは比較的よく見え,南エストニアではうまく見られなかったもようである。面白いのは,写真はみな,食の最大になる前のものばかりである。日食が始まるのをずっと待っていて撮影を始め,食が最大になるまでは熱心にシャッターを押すが,その後は興味を失って撮影するのをやめてしまうのかもしれない。

 最近では,2008年8月1日の皆既日食が,エストニアでは部分日食として観測されている。次回エストニアで見える日食は,2015年3月20日の皆既日食だが,エストニアでは太陽の表面の80%ほどが隠れる部分日食として観察される。

 エストニアでは,2026年10月16日に皆既日食,2039年6月21日と2048年6月11日に金環日食が見られる。

 関連ページ: 見られなかった皆既月食 - täielik kuuvarjutus (Postimees 2010/12/22)

【更新履歴】 月食が起こったのを機にこのページを改訂 (2011/06/16)

日食         päikesevarjutus
部分日食       osaline päikesevarjutus
皆既食        täielik varjutus
金環食        rõngakujuline varjutus
表面積        pindala
月の影        Kuu vari
太陽         Päike
目           silm
保護         kaitse
サングラス      päikeseprillid
視覚障害       nägemiskahjustus
食の最大,食甚   maksimaalne faas
うまくいく,成功する õnnestuma
見える,見る     nägema


食の最大の直前 10:50 パルヌ Pärnu の郊外で撮影
1 Päikesevarjutus kell 10.50 Pärnumaal Paikusel

Kuusalu クーサル (北エストニア,タリンの東方) で見た日食
7 ikesevarjutus Kuusalust vaadatuna

|

« 新宿のルミネはエストニア語? - lumine | トップページ | 餅を食べて窒息する - ära lämbuma »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50477258

この記事へのトラックバック一覧です: 部分日食 - osaline päikesevarjutus:

« 新宿のルミネはエストニア語? - lumine | トップページ | 餅を食べて窒息する - ära lämbuma »