« 人口増加 - iive | トップページ | タリン黒頭組合会館 - Tallinna Mustpeade Maja »

大麻 - kanep

 英語の hemp 大麻 (< 古英語 hænep) に相当する語だが,植物の学名が Cannabis であることからもわかるように,もともと語頭の子音は k らしい。フィンランド語では hamppu と呼ぶ。

 マリフアナ marihuaanaハシシ hašiš との区別がよく分からないのだが,kanep は植物名であるとともにその繊維の名前で,marihuaanam と hašiš は取り出した麻薬成分のいわば「商品名」という違いだと理解している。日本語では両方ともに大麻と呼ぶので,わかりにくくなっている。正確にご存知の方はご教示願いたい。

 もともと,kanep はオイルや繊維 (麻) を採るための古い栽培植物だったという背景がある。ハーブティーとして嗜好されることもあるそうだ。繊維名の麻 hemp はもともと大麻の繊維のことだったらしいが,現在の日本で「麻」というと亜麻の繊維のことで,大麻の繊維は「大麻」「ヘンプ」と表示されるそうである。大麻が中央アジアで大量に栽培されている(らしい)ことはよく知られているが,多くの国では麻薬を規制するために,その栽培が基本的に禁止されており,エストニアも例外ではない。

 植物としての大麻について: Kanepi ajalugu ja tänapäev (Eesti Loodus)
 麻薬としての大麻について: Mis on narko? (narko.ee)
 関連ページ: 麻薬 - narkootikum (2010/06/28)

 なにかと話題を提供してくるのが東ビル県 Ida-Virumaa だが,今度は,大麻を栽培していた容疑で5人の男(エストニア人4+ラトビア人1) が逮捕された。4人のエストニア人の名前は Rein, Nikolai, Aleksander, Aleksei で,最初の Rein は明らかにエストニア語の名前である。東ビル県にはロシア人の悪人たちが活躍する「エストニアの西部開拓地」というイメージがあるが,エストニア人も少数かもしれないがしっかり仲間の中にいることがわかる。

 記事: Ida-Virumaal avastati kanepikasvatus (Postimees 2011/01/27)

 記事には,大麻の栽培されていた温室 (?) の内部の映像も添えられている。押収された大麻は 385 株,麻薬成分に換算すると11キロ。これは,エストニアでは 22万ユーロで取引される量だそうである。1キロあたり2万ユーロということは,240万円くらいである。日本と比べて高いのか安いのか,よくわからない。なお,麻薬取引において,エストニアが,ロシアと,スウェーデンなどのスカンジナビア諸国との間をつなぐルートになっていることは,よく知られた事実である。

 余談だが,南エストニアには Kanepi という町がある。エストニア語の地名は,多くの場合,母音で終わる属格形 (語幹) が基本で Tallinn のような主格の地名は例外である。地名 Kanepi は,植物名の kanep の属格形と同じで,理屈では主格 Kanep が想定されるが,その形は使われない。【*注1】 このほか,Kaia Kanepi というエストニア出身の女性プロテニス選手がいる。現在 WTA のランクは17位だそうである。【*注2】

【補足】 Ida-Virumaa 東ヴィル県では大麻栽培の摘発が時々行われている。昨年12月には,ナルバ Narva 市内の職業学校の寮で,未成年者を含む生徒たちが大麻を栽培していたのが,警察の麻薬捜査で発覚している。(2011/02/09)

 記事: Narva kutsekooli ühiselamus kasvatati kanepit (Postimees 2010/12/19)

【*注1】 参考までに,変わり種のエストニア語地名の例をあげる。ラトビアの首都はエストニア語では Riia で,「リガへ」という時だけ Riiga のように子音 g が現れる。さらなる余談だが,Pärnu パルヌという地名は,アニメ映画作家の Priit Pärn の苗字とは別である。苗字のほうは Pärna のように,語幹の母音が a になる。昔,著名なロシア史の先生がペレストロイカについての本を出したとき,地名の Pärnu がカタカナで「ピャルナ」と書かれていた。これは,ロシア語の в Пярну パルヌヘ というような表現から逆に類推して,Пярна という架空の地名を作ってしまったのだと思われる。ソビエト時代のエストニアの地名は,エストニア語のラテン文字表記を一定の規則にしたがってキリル文字転写する約束になっていたので,ロシア語の地図では Pärnu は常に Пярну と書かれて,格変化しなかったはずである。

【*注2】  2011年1月31日現在。 (21011/01/31)

 記事: REKORD! Kanepi tõusis maailma edetabelis 17. kohale (Postimees 2011/01/31)

大麻      kanep
発見する   avastama
大麻栽培   kanepikasvatus
税務署    maksu- ja tolliamet
逮捕する   kinni pidama
ラトビア国籍保有者 Läti kodanik
疑う      kahtlustama
違法な    ebaseaduslik
犯罪者    kurjategija
犯罪      kuritegevus
植物      taim
麻薬成分   narkootiline aine
市場価格   turuväärtus
国境を超えた piiriülene
収穫      saak
麻薬      narkootikum, uimasti
刑法      karistusseadustik
有罪判決   süüdimõistmine
懲役      vangistus
刑事捜査   kriminaalmenetlus
最高検察庁 riigiprokuratuur

Kanep

Kanep01

Kanep02

|

« 人口増加 - iive | トップページ | タリン黒頭組合会館 - Tallinna Mustpeade Maja »

動物・植物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

犯罪・不正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50708675

この記事へのトラックバック一覧です: 大麻 - kanep:

« 人口増加 - iive | トップページ | タリン黒頭組合会館 - Tallinna Mustpeade Maja »