« 昨年 (2010) のヒット曲 - Aastahitt 2010 | トップページ | ユーロ硬貨と国境問題 - Eesti kontuurid »

物価が上がる - kallinema

 エストニアにクローンが導入されたのは1992年6月だが,以来,クローン時代 (1992-2010) の18年間に,エストニアの物価は10.7倍になったという。

 記事: Krooniajal kallinesid kaubad üle kümne korra (E24 2011/01/05)

 もっともインフレが激しかったのは1990年代の前半で,物価の上昇率が年間に数10%の時代があった。その後,インフレは収まり,物価の上昇率は2003年には1.3%にまで下がり,以後,2004~2006年は,3~4.4%の水準だった。

 2007年からは再びインフレに転じ,2007年の物価上昇率は6.6%,2008年は10.4%にまで上昇した。しかし,経済不況が広がった2009年には,インフレ率は-0.1%にまで下がった。

 エストニアのある歴史学者は,クローン導入からユーロに移行するまでの18年半を Krooniaeg クローン時代 と呼ぶことを提案している。

クローン時代 krooniaeg
価格が上がる kallinema
商品      kaup
サービス    teenus
90年代     üheksakümnendad
消費者物価  tarbijahinnad
スピードが落ちる aeglustuma
物価上昇   hinnatõus
需要      nõudmine
供給      pakkumine
速くなる    kiirenema

Krooniajal kallinesid kaubad üle kümne korra

|

« 昨年 (2010) のヒット曲 - Aastahitt 2010 | トップページ | ユーロ硬貨と国境問題 - Eesti kontuurid »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

僅か18年間で終わるエストニアだけの通貨、エストニアクローン。
その krooni aeg にエストニアに居れたのはエストニアでの良い思い出の一つです。
しかし結局5クローン玉とは出会えませんでした。
知り合いのエストニア人も見た事はあるが持ってないそうです。

投稿: Technolainen | 2011/01/07 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50505289

この記事へのトラックバック一覧です: 物価が上がる - kallinema:

« 昨年 (2010) のヒット曲 - Aastahitt 2010 | トップページ | ユーロ硬貨と国境問題 - Eesti kontuurid »