« 郷愁のタリン - Tallinn | トップページ | 追悼:イルセ・レヒステ教授 (1922-2010) - keeleteadlane Ilse Lehiste »

エストニアの水 (2) - pudelivesi

 しばらく前に,エストニアの水はほんとうに良い水なのかということを話題にしたことがある。エストニアのレストランで水を頼むと,値段の張る輸入もののミネラルウォータしか出てこないのは,エストニアの水の質が悪いからだという説があることにも触れた。実際,エストニアの pudelivesi すなわち,ペットボトルに詰められて売られている水の6割以上が水道水を加工したものだとする調査結果が,しばらく前にタリン市水道会社 Tallinna Vesi のウェブページに出たらしい。

 関連記事: Alla poole pudeliveest on allika- või mineraalvesi (Tarbija 2010/07/29)
 関連ページ: エストニアの水 - vesi (2010/07/25)

 水道会社のウェブページの話だから,タリンの水道水は飲むべきでないという話をしているわけではないのだが,一般のエストニア人たちは,天然水は別として,エストニアのペットボトル入りの水の質が必ずしも高いとは考えていないということは事実のようだ。

 今,日本で,弱アルカリ性のナチュラルミネラルウォーター「VESI」という商品名で,エストニアの水が売られているらしい。カタカナ表記では「ベッシー」。健康に良いという触れ込みだが,エストニア語で「水」という意味の単語だから,ただ単に「水」という名前で売っていることになる。「地下210mから採水され、冷たく、新鮮なままボトルに充填されます。ボトルに詰められる過程で水は加工されませんので100%純粋なナチュラルウォーター。」とあるので,加工していない天然水のはずだから,品質にまったく問題はないと思われる。

 商品名の VESI だが,有名なフランスのミネラル水のブランド Vichy を連想させようとするエストニアの業者の茶目っ気かもしれない。参考までに,VESI はフィンランド語でも同じく「水」である。輸入業者にはたいへん申し訳なく思うのだが,エストニア語の意味を知っている私個人としては,商品名 VESI 「みず」からうけるイメージが当たり前過ぎるので,正直なところ,当面,どうしても飲んでみたいとは思わないだろうミネラル水である。

ペットボトル売りの水  pudelivesi
源泉の水    allikavesi
ミネラル水   mineraalvesi
水道水     kraanivesi
飲料水     joogivesi
地下水     põhjavesi
加工する    töötlema
健康      tervis
健康を損なう kahjulik
天然の     looduslik

【更新履歴】 事実関係などに不正確なところがあったので,本文を少し修正した (2011/01/06)


VESI を宣伝しているウェブページからのコピー

Pudelivesi VESI


|

« 郷愁のタリン - Tallinn | トップページ | 追悼:イルセ・レヒステ教授 (1922-2010) - keeleteadlane Ilse Lehiste »

料理・食文化」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50395733

この記事へのトラックバック一覧です: エストニアの水 (2) - pudelivesi:

« 郷愁のタリン - Tallinn | トップページ | 追悼:イルセ・レヒステ教授 (1922-2010) - keeleteadlane Ilse Lehiste »