« ローストチキン - küpsetatud kana | トップページ | 適切さを欠く - ebatäpne »

黒ソーセージ - verivorst

 エストニアの国民的料理のひとつとされる verivorst は,字義通りには「血のソーセージ」だが,日本語ではぶっそうな名前になるので,フィンランド語の mustamakkara にならって「黒ソーセージ」と訳してみた。ドイツ語で言う Blutwurst (Blut 血 + Wurst ソーセージ) が起源と思われるが,バルト海周辺の共通の食文化の可能性もある。フィンランド語でも昔は verimakkara (血のソーセージ) と呼んでいたが 1980 年代になって,mustamakkara 黒ソーセージ という上品な呼び名が使われるようになったとフィンランド語の Wikipedia には書いてある。「血のソーセージ」をぶっそうな名前だと思うのは日本人だけではなさそうなことがわかって安心する。

 エストニア語の Vikipeedia には,黒ソーセージの定義が簡潔かつ明瞭に書いてある。

Verivorst on vorst, mille üks koostisosi on veri. Verivorst on eesti rahvustoit. Traditsiooniline eesti verivorst valmistatakse seaverest, odratangust, sealihast ja maitseainetest ning topitakse sea peensoolde.

黒ソーセージは,材料の1つとして血が使われているソーセージである。黒ソーセージはエストニアの国民的料理である。エストニアの伝統的な黒ソーセージは,豚の血,大麦,豚肉,調味料を混ぜたものを豚の小腸に詰めて作る。

 昔は,ドイツの文学作品の翻訳を読むと「腸詰」(ちょうづめ)ということばが使われていたことを思い出した。腸詰めと呼べるソーセージは日本ではまず見かけない。肝心な味のほうだが,外見と名前から想像する通りにものと思っておくと間違いが少ないというのが私の個人的な見解である。くせになるほど美味なものと思ったことは一度もない。

 ニューヨーク・タイムズのオンラインサイトに,ニューヨークのエストニア会館 Eesti Maja / Estonian House で,クリスマスに向けて黒ソーセージ作りが行われたという話が書かれている。

 記事: Without Blood Sausage, It Just Wouldn’t Be Christmas (NYT 2010/12/14)
 記事: Eesti verivorstitegu jõudis New York Timesi veergudele (Postimees 2010/12/15)

 ニューヨーク・タイムズの記事では blood sausage というエストニア語やドイツ語の名前の直訳が使われているが,英語の Wikipedia では black pudding という見出しで詳しく解説されている。

 NY Times の記事には,verivorst (verivorstid 複数形) のほかにエストニア語の単語 (アクセント記号が省かれてわかりにくい) がいくつか出ている。発音しにくいとして話題になっている4番目の単語は,記事では ohtusook になっている。なお,roosamanna というのはジャムのようなものらしいが,私はどんなものか知らない。

 挽肉のハンバーグ hakklihakotlet, kotlet
 ジンジャーブレッド piparkook
 カボチャのサラダ  kõrvitsasalat
 夕食         õhtusöök

 エストニア語のことわざで食べ物が出てくるものが記事の最後に3つあがっているが,私が知っていたのは最初のものだけだった。

 Noored neiud ja nisuleib lähevad ruttu vanaks.
 若い娘と白パンは,たちまち古くなる / Young maidens and white bread age quickly.

 なお,フィンランド人が作っている黒ソーセージのホームページがある。ただし,メニューだけ英語ページが用意されているものの,記事はすべてフィンランド語で書かれているようだ。フィンランドの黒ソーセージの歴史や作り方,黒ソーセージを使った料理のレシピなどなど,多彩な内容のサイトで,このサイトによると,黒ソーセージはフィンランドの Tampere タンペレの名物で,タンペレに行くと,喜多方の町のラーメン屋のように,いたるところに黒ソーセージの食べられる店があるそうである。フィンランドのタンペレにお出かけの際には,ムーミン谷博物館を見学したあとに黒ソーセージのグリルというのはいかが。 Head isu! - Bon appétit! - Guten Appetit!

 関連ページ: MUSTAMAKKARA BLACK SAUSAGE

黒ソーセージ      verivorst
血            veri
ソーセージ       vorst
成分           koostisosa
エストニアの国民的料理 eesti rahvustoit
伝統的な        traditsiooniline
作る,料理する    valmistama
豚の血         seaveri
豚            siga
(粉に挽く前の)大麦 odratangud
大麦          oder
(殻を取った)穀粒   tangud
豚肉          sealiha
肉            liha
調味料         maitseaine
詰める         toppima
小腸          peensool
ピロシキ        pirukas


エストニアの黒ソーセージ料理
Krõbe verivorst valmib aeglaselt

ドイツの黒ソーセージ Blutwurst
Blutwurst

黒ソーセージが好きな人々 (フィンランド,タンペレ)
Mustaamakkaraa myyvä kioski Tampereen Tammelantorilla.

|

« ローストチキン - küpsetatud kana | トップページ | 適切さを欠く - ebatäpne »

料理・食文化」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50306795

この記事へのトラックバック一覧です: 黒ソーセージ - verivorst:

« ローストチキン - küpsetatud kana | トップページ | 適切さを欠く - ebatäpne »