« 精肉工場 - lihakombinaat | トップページ | ロシアから選挙資金? - Savisaar ja rahastamisskandaal »

見られなかった皆既月食 - täielik kuuvarjutus

 12月21日の皆既月食は,日本時間では16時40分~17時54分,エストニアでは時差(冬時間では7時間)のため,9時40分~10時44分。エストニアの21日の日の出は9時10分,月はタリンの緯度では地平線の上に少し出ただけらしい。東京もあいにくの天気だったが,エストニアもあまり天気には恵まれなかったようだ。というわけで,エストニアで撮影された月食の写真はない。

 月食の始まりは,日本時間では15時32分,終了は19時2分,エストニア時間ではそれぞれ8時32分,12時2分。日本は夕方だから見えて当然だが,エストニアは朝から昼にかけてである。しかし,エストニアはちょうど22日の冬至の前日で,1年でいちばん日の出が遅く,日の入りが早い日だから,始まりのほうはちゃんと見られて,月食の途中の段階で月は地平線に沈んでしまうはずだった。逆に,日本では,部分的に欠けた月が地平線から昇ってくるのが見えたはず。つまり,月食がずっと見られたのは,日本とヨーロッパの中間にある北米だけということになる。

 皆既月食というのは,月が完全に地球に影に隠れることだから,満月の夜にしか起こらない。しかも冬至の直前に起こる皆既月食はそう滅多にはないだろう。

 12月の下旬だから,太陽は山羊座 Kaljukits に移動する。余談だが,私は,誕生日が1月20日なので,自分の星座がよくわからない。水瓶座 Veevalaja の最初の日とすることが多いようなのでそういうことにしているが,日本語の Wikipedia にあるように山羊座の最後の日なのかもしれない。

 記事: Homme on täielik kuuvarjutus (Elu24 2010/12/20)

完全な   täielik
完全食   täisvarjutus
月食    kuuvarjutus
日食    päikesevarjutus
起こる   aset leidma
地球    Maa
太陽    Päike
月      Kuu
影      vari
(地平線に)沈む looja minema
冬至    talvine pööripäev
北半球  põhjapoolkera
南半球  lõunapoolkera
最も短い lühim
最も長い pikim
日,一日 päev
夜     öö
星座    tähtkuju
山羊座  Kaljukits
水瓶座  Veevalaja

上海で撮影 (2010/12/21)
Kuuvarjutus nähtuna Hiinas Shanghais

アメリカのアマチュア天文学者が撮影 (2010/12/21)
USA amatöörastronoomi tehtud pilt kuuvarjutuse aegsest Kuust

月食が起こるしくみ
Lunar eclipse

|

« 精肉工場 - lihakombinaat | トップページ | ロシアから選挙資金? - Savisaar ja rahastamisskandaal »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50360696

この記事へのトラックバック一覧です: 見られなかった皆既月食 - täielik kuuvarjutus:

« 精肉工場 - lihakombinaat | トップページ | ロシアから選挙資金? - Savisaar ja rahastamisskandaal »