« 国際学力調査 - PISA küsitlus | トップページ | クリスマスツリー発祥の地論争の続報 - jõulukuusk »

マガモ - sinikaelpart

 タリンの旧市街への入り口とも言える Viru tänav ヴィル通りは,Viru värav ヴィル門に向かって左側の山側に花を売るキオスクが並んでいるが,そこにマガモ sinikaelpart が舞い降りてたむろし,市民が餌として与えるパンなどを食べている。

 マガモは冬を南国で過ごすはずの鳥で,本来は水辺に住み,昆虫,ミミズ,植物などを食物としているはずという。

 キツネが町に住み着いたり,水鳥が通りで餌を食べたり,奇妙な現象があちこちで見られるエストニアだが,やはり自然の歯車がどこかで狂い始めているのかもしれない。

 記事: Galerii: pardid tulid Viru tänavale süüa otsima (Postimees 2010/12/06)
 関連ページ: マガモ (Wikipedia)

INETU PARDIPOEG. この水鳥のエストニア語の名前 sinikaelpart を分解すると,sini 青い+ kael 頸+ part カモ。日本語 Wikipedia によれば,日本でもアオクビと呼ばれるらしい。なお,アヒルの祖先はマガモであるそうだ。参考までに,アンデルセン童話の「みにくいアヒルの子」はエストニア語では Inetu pardipoeg (inetu みにくい+ pardi カモの+ poeg 子) と訳されている。

カモ,アヒル  part
餌を探す    süüa otsima
ヴィル通り   Viru tänav
花屋のキオスク lillekiosk
マガモ,アオクビ sinikaelpart
通行人     mööduja
餌をやる    toitma
昆虫      putukas
ミミズ      ussikene
(鳥が)渡る   rändama



正面に見える細長い白い建物がヴィルホテル
Pardid tulid Viru tänava lillekioskite ette süüa otsima.

青っぽい方がオスで,茶色の方がメス
Pardid tulid Viru tänava lillekioskite ette süüa otsima.

|

« 国際学力調査 - PISA küsitlus | トップページ | クリスマスツリー発祥の地論争の続報 - jõulukuusk »

動物・植物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50236160

この記事へのトラックバック一覧です: マガモ - sinikaelpart:

« 国際学力調査 - PISA küsitlus | トップページ | クリスマスツリー発祥の地論争の続報 - jõulukuusk »