« クリスマスツリー発祥の地論争の続報 - jõulukuusk | トップページ | 時刻表なしの運行 - vabagraafik »

読書と読解力 - lugemisoskus

 経済協力開発機構 Majanduskoostöö ja Arengu Organisatsioon つまり OECD の国際学力調査 PISA では,小説や新聞をよく読む生徒の方が,読まない生徒より読解力が高い傾向があることがはっきりと結果に出ているらしい。ただ,屁理屈を言わせてもらえば,この種の話はニワトリと卵である。読解力が高くないと面白くないから,読書しなくなるとも考えられる。スポーツと同じで,ますます差が開く。

 OECD加盟の35ヵ国に限ってみると,37%の生徒が本や新聞をまったく読まないと答えたそうだ。エストニアについてみると,15歳の子どもたちの 38.6%がまったく読書しないという結果が出たが,この数字は,オーストリア,オランダ,ルクセンブルクの45%という数字に比べると比較的少ない。

Eesti õpilased loevad palju ajalehti. 男女で見ると,女子生徒のほうが読書を好む傾向があるほか,男女で読む本のジャンルも違うことがわかる。たとえば,新聞をよく読むと答えたのは,男子生徒の65%,女子生徒の59%。男子はマンガをよく読み,女子は文学書をよく読む。

 インターネットをよく利用する生徒は,しない生徒に比べて読解力が高いという。音声が聞けて,動画がふんだんに見られるようになったといっても,ウェブは明らかに文字情報が優勢の世界だ。インターネットが登場するはるか以前に生まれたわれわれの世代でさえ,百科的な知識の検索はほとんどウェブに多様るようになった時代だから,予想された結果がでているということだろう。現在では,インターネットの利用を前提にしないリテラシーの議論はありえない。

 読解力が高い生徒は,特定のジャンルに偏った読書ではなくて,いろいろなジャンルのものを読んでいるという結果も出たという。子どもたちがどういうものをよく読むのかを見るのも面白い。

 新聞は,OECD諸国の平均で61%,エストニアの平均で80%の生徒がよく読んでいる。雑誌は,OECD諸国の平均で58%,エストニアの平均で72%の生徒がよく読むと答えている。エストニアの生徒たちは新聞や雑誌を読むのが好きなようだ。

 また,エストニアの子どもたちの32%が実用書をよく読むと答えたそうだ。OECD諸国の平均は18%で,隣国のフィンランドでは16%だから,エストニアの中学生はかなり「勉強好き」と考えていいのかもしれない。他方,エストニアやフィンランドの生徒たちは,OECD諸国の平均と比べると,あまり文学書を読まないらしい。マンガの場合,よく読む生徒はOECD諸国の平均が23%なのに対し,エストニアは13%,これに対してフィンランドは60%という数字が出ているという。そういえば,エストニアではマンガ本はあまり見たことがない。エストニアの子どもたちは,マンガを読みたくても読めないだけかもしれない。

 このほかに,エストニア語系の子どものほうが新聞雑誌やインターネットでの読書を好み,ロシア語系の子どもは文学作品をよく読む傾向があるという結果も出ているそうである。

 こんな調査までしているのかとびっくりするのは,家族構成とこどもの読解力の相関である。エストニアの場合,読解力の平均点は501点だが,母子家庭の子どもの平均点は505点,母親がいない家庭の子どもの平均点は466点という結果になったという。エストニアで試験を受けた子どもの4人にひとりが片親だけの家庭で,その92%が母子家庭である。

 エストニアの場合,高等教育を受けた母親を持つ子どもの平均点は525点と,全体の平均と比べて非常に高い。全体的な傾向として,学歴が高く,職業をもつ母親ほど,子どもの読解力が高いという結果が出ているという。これに対して,子どもの読解力と父親の学歴等々との相関はあまり出なかったらしい。父親はいないほうが子どもの教育にはいい,みたいに聞こえるので,念のために付け加えると,家族構成と子どもの読解力の相関の記事を書いたのは男である。ただし,学校教育は,エストニアでは圧倒的に女性主体の領域であり,PISA 調査の結果を分析しているエストニアの専門家たちも,ほとんどが女性と思われる。

 記事: PISA tulemused: oma lõbuks lugemine parandab õpitulemusi (Postimees 2010/12/08)
 記事: Eesti anomaalia: üksikemade lapsed loevad teistest paremini (Postimees 2010/12/08)
 記事: Eesti noored paistavad silma ajalehtede lugemisega (Postimees 2010/12/08)
 関連ページ: 国際学力調査 - PISA küsitlus (2010/12/09)

読解力      funktsionaalse lugemisoskus
趣味の読書   oma lõbuks lugemine
楽しみ      lõbu
読む,読書する lugema
改善する     parandama
楽しむ      nautima
注目に価する  märkimisväärne
結果       tulemus
好む,愛する  armastama
思考       mõtlemine
文学       ilukirjandus
読書能力    lugemisoskus
成績       sooritus
高い       kõrge
低い       madal
生徒       õpilane
電子メール   e-kiri
情報伝達する  suhtlema
ウェブ      veeb
経験を積んだ  vilunud
興味,関心   huvi
読書習慣,読書傾向 lugemisharjumus
定期的に    regulaarselt
新聞       ajaleht
雑誌       ajakiri
比較的少ない  suhteliselt vähe
高い確率で   tõenäolisemalt
単身の母親   üksikema
片親       üksikvanema
片親だけの家庭 üksikvanema
特異性,特徴   eripära
専業主婦     kodune ema
父親の存在    isa olemasolu
教育,学歴    haridus

|

« クリスマスツリー発祥の地論争の続報 - jõulukuusk | トップページ | 時刻表なしの運行 - vabagraafik »

教育」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50252829

この記事へのトラックバック一覧です: 読書と読解力 - lugemisoskus:

« クリスマスツリー発祥の地論争の続報 - jõulukuusk | トップページ | 時刻表なしの運行 - vabagraafik »