« エストニア語学習の奨励 - keeleõppe arendus | トップページ | 国際学力調査 - PISA küsitlus »

オオカミとオオヤマネコ - hunt ja ilves

 猟師たちの陳情の結果,エストニアの環境局 keskkonnaamet は,オオカミ huntオオヤマネコ ilves の狩猟制限を大幅に緩和することに決めたという。捕獲枠は,オオカミが200頭,オオヤマネコが300頭に増やされる。これに対して,エストニアの環境広報センターは,そのような措置を取るなら,エストニアの森林に住むオオカミとオオヤマネコの個体数が激減するとする悲観的な予測を出している。

 環境局によれば,現在エストニアの森林には370頭ほどのオオカミが生息しており,適正な頭数である100~150頭を大幅に超えている。また,適正な頭数が600~900とされるオオヤマネコは,1800頭ほど観察されているという。

 環境広報センターは,猟師たちに遭遇した動物の頭数を聞いて,それを単純に加算して総個体数としている環境局の計算方法は,動物たちの習性を無視して,同じ個体が複数の場所で観察される可能性をまったく考慮に入れていないため,実態を反映していないとして,狩猟制限枠の拡大に反対している。

 記事: Kasvav küttimislimiit võib hunte ja ilveseid ohustada (Postimees 2010/12/03)
 記事: Päeva karikatuur: keskkonnaamet tahab huntide arvukust vähendada (Postimees 2010/12/03)
 関連ページ: オオヤマネコ - ilves (2010/06/09)
 関連ページ: オオカミ - hunt (Postimees 2010/10/01)

 風刺画の台詞の中に出てくる lammas ヒツジ は「愚か者」の意味で使われている。どういうわけか,牡羊を表す oinas にも同じような意味がある。不思議なことに,エストニアには Oinas という苗字がある。たとえば,タルト出身の Felix Oinas (1911 - 2004) という著名なフォークロア学者がインディアナ大学にいた。Basic Course in Estonian という分厚い入門書も書いた人だが,Oinas という苗字についてどう思っているのか興味があったが,聞きそびれた。

環境      keskkond
環境局     keskkonnaamet
猟師      jahimees
オオカミ    hunt
オオヤマネコ ilves
頭数,個体数 arvukus
個体      isend
減らす     vähendama
圧力      surve
許可する    lubama
狩猟する    küttima
環境広報センター keskkonnateabekeskus
評価      hinnang
猛獣      kiskja
森林      mets
残る      alles jääma
ヒツジ     lammas
牡羊      oinas

オオカミ (hunt)
Hunt.

オオヤマネコ (ilves)
Ilves

やめなよ。環境局の戯言なんか読むんじゃない。もし間違って読んでしまっても,
バカどもが書いていることを信じちゃダメだ。
Päeva karikatuur: keskkonnaamet tahab huntide arvukust vähendada
Lõpeta! ... Tead, sa ära loe neid keskonnaameti soperdisi! Ja kui juhtud
lugema, ära usu mida need lambad kirjutavad!

|

« エストニア語学習の奨励 - keeleõppe arendus | トップページ | 国際学力調査 - PISA küsitlus »

動物・植物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50202031

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミとオオヤマネコ - hunt ja ilves:

« エストニア語学習の奨励 - keeleõppe arendus | トップページ | 国際学力調査 - PISA küsitlus »