« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

帰郷した把瑠都 - Kaido Höövelson koduuksel

 珍しい写真が載っていたので紹介する。一昨年にエストニアに帰郷したとき,自宅の玄関に顔を出したときの写真だそうである。大関になった今,このヘアースタイルは二度と見られないかもしれない。

続きを読む "帰郷した把瑠都 - Kaido Höövelson koduuksel"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア語・ロシア語・ドイツ語 - kolmekeelne

 タリンの16歳の高校生 Miriam Grünberg は,ロシア系エストニア人の父親とはロシア語,オーストリア人の母親とはドイツ語,妹とはエストニア語で話すという日常的に3つの言語を使う生活をしているという。父親と母親は英語で会話しているというから,4つの言語が飛び交うバベルの塔のような家族の中でそだったことになる。

続きを読む "エストニア語・ロシア語・ドイツ語 - kolmekeelne"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク - prügi

 今月(11月)の始めに,エストニアの全世帯に無料で送付されたユーロ電卓 eurokalkulaator だが,けなす声が高い。欧州議会議員の Indrek Tarand 氏は,エストニアの廃棄物処理会議 ─ «Kas prügi vabariik või prügivaba riik?» ゴミ共和国か,ゴミのない国か ─ で,ユーロ電卓はゴミだ,送られてきても開封せずにそのまま財務省に返却しよう,と訴えたらしい。

続きを読む "ジャンク - prügi"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーレマー・ウォッカ - Saaremaa Vodka

 エストニアのウォッカとしては,すでに話題にした Viru Valge ヴィルの白 の他に, Saaremaa Vodka サーレマーのウォッカ がよく知られている。サーレマー・ウォッカの目印は,風車の描かれたラベルだが,このほど,ビンの形とともにラベルのデザインも一新されたようである。

続きを読む "サーレマー・ウォッカ - Saaremaa Vodka"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人 - japsid

 エストニア語では,日本人は jaapanlane,女性は jaapanlanna が正式だが,口語では japs という呼び方も使われる。おそらく,英語の japs (複数) がフィンランド語の japsi 経由でエストニア語に入ったものではないかと思う。フィンランド語の japsi は ryssä (ロシア人) と同じように蔑称だが,私の理解する限りでは,エストニア語の japs (単数) は日本人を尊敬する表現とはいえないものの,英語の Brit とか Yankee などと同じく,どちらかと言えば親しみのこもった話しことばの言い方で,ふつうの文脈ではとくに悪い意味はないと思う。ただし,もし将来日本人排斥運動が起こった場合には,プラカードに Japsid minge koju! (日本人は帰れ) のようなスローガンが書かれるかもしれない。

続きを読む "日本人 - japsid"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ポインセチア - jõulutäht

ポインセチア クリスマスまであと1カ月,エストニアの各都市の中心の広場にもクリスマスツリーが立てられ,クリスマスの市場は人で賑わう。ソビエト体制が20年前に崩壊したあとに復活した年中行事だし,クリスマスを宗教的に祝うキリスト教徒が全人口の13%足らず (人口の15%を占める正教徒は12月25日を祝わない) のエストニアだが,ずっと途切れることなく続けられてきたかのような趣があるらしい。大して信仰心の篤くないエストニア人たちがクリスマスをどう祝っているのか,私は実際には知らない。

続きを読む "ポインセチア - jõulutäht"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

roosa は「ピンク」か? - roosa

 先日,女性の色を話題にしたとき,エストニア語の roosa は薄いピンクの薔薇の花のような色で,紫系の色は lilla と呼ぶはずだという話をした。

 roosa - lilla

 そのとき,後者の色合いが主体になっている Postimees 紙の女性向けサイトの色を roosa と形容した女性の色彩感覚は平均的とは言えないのではないか,という意味の主張をした。ところが,これは間違いかもしれない。

続きを読む "roosa は「ピンク」か? - roosa"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャッシュレス社会 - sularahavaba

 「この際現金を廃止してしまおう」とエストニアのタルト大学の経済学教授 Raul Eamets が提案したという話が早くも日本に伝わってきたようだ。

 日本語記事: エストニアの経済学者、国を挙げたキャッシュレス化を提案 (Livedoor 2010/11/24)

 この話のネタは,エストニアテレビのオンラインサイトの記事の Google 英語訳らしいことが,日本語記事のリンクからわかる。問題のエストニア語の記事には,エアメッツ教授の講演 (15分ほど) の映像もついている。

続きを読む "キャッシュレス社会 - sularahavaba"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京発クリスマス・コレクション - jõulukollektsioon

 銀座三愛が 11月15日に「下着と水着のクリスマス・コレクション」の発表会を行ったという記事が,エストニアの Postimees 紙に載っている。この記事を見るまで,銀座三愛 San-ai という会社の名前すら知らなかったが,この会社の公式ブログにも載っていないような写真がエストニアでも紹介されたということは,海外メディア向けにニュースを流したのだろう。

続きを読む "東京発クリスマス・コレクション - jõulukollektsioon"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判 - kohtuprotsess

 1949年3月25日にエストニアで行われた強勢連行の指揮を執った責任者たちのうちの生存者は80歳を超えており,健康を理由に裁判所への出廷を拒否したり,カメラの前で泣いて赦しを請う者もいる。サーレマーのクレサーレ Kuressaare にあるパルヌ地方裁判所サーレマー支部で22日に行われるはずだった Stepan Nikejev 氏 (86歳) の裁判の審理が,被告人の健康を理由に3月末に延期された。来年1月には,同じ日に Muhumaa で強勢連行の指揮を執った Rudolf Sisask 氏 (84歳) の罪状に関する審理が行われる予定になっている。

続きを読む "裁判 - kohtuprotsess"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横断歩道 - ülekäigurada

 2008年12月,エストニアのラクヴェレで横断歩道を渡っている男性を車で轢き,死亡させた運転手の女性に対する裁判が来年5月に行われることが決まった。警察の捜査で,この女性は前方に十分に注意を払っておらず,横断歩道の手前でも速度を落とさず,そのままの速度で進み,停止しなかったため,男性にぶつかってけがを負わせ,そのけがが原因で男性が死亡したと,断定されたという。有罪が確定すれば,3年以下の懲役になる。

続きを読む "横断歩道 - ülekäigurada"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火葬する - tuhastama

 エストニアでは,まだ火葬の慣習があまり普及していない。火葬場 krematoorium があるのは,タリン,タルト,ヨフヴィ Jõhvi の3自治体だけである。ラーネマー Läänemaa 県,ハープサル Haapsalu 市の南東にあるマルトナ村 Martna valda に,エストニアで4番目の火葬場の建設が,地元の廃工場の跡地で計画されている。

続きを読む "火葬する - tuhastama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドアをノックする - uksele koputama

 このエストニア語の表現は「もうすぐだ」という比喩的な意味で使われている。ちなみに,ドアをノックして返事を待つ人は「ドアの後ろ (向こう側)」(ukse taga) にいると言うのに,クリスマスがもう間近になったときのクリスマスは,同じくドアをノックするにしても「ドアの前」 (ukse ees) にいると言うから,ことばは面白い。

 エストニア語には,秋から初冬にかけて,渡り鳥が南に飛び立つ時期と天候との関係を表すことわざがある。

続きを読む "ドアをノックする - uksele koputama"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最下位に終わる - viimaseks jääma

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズのロシア杯 (11/19-20) には,私の贔屓の選手が二人出場しました。安藤美姫選手は,ショートプログラムが54.00点で5位でしたが,フリーが完璧に近い120.47点で,合計174.47点のみごとな逆転1位。一方,エストニアの Jelena Glebova エレーナ・グレボワ選手は,ショートプログラム45.78点,フリー85.42点の合計131.20点で残念ながら10位でした。

続きを読む "最下位に終わる - viimaseks jääma"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私が正しい - Mul on õigus.

 エストニア国立交響楽団 Eesti Riiklik Sümfooniaorkester (ERSO) - Estonian National Symphony Orchestra (ENSO) をめぐるごたごたの続報である。

 その後のニュースによると,Neeme Järvi の ERSO 首席指揮者辞任のニュースはフランスの通信社 AFP によってヨーロッパのメディアに配信され,フィンランドやドイツなどの10紙で報道されたようである。AFP によると,前楽団長の Andres Siitan 氏は,Neeme Järvi 氏の退団で,2012年~2013年に予定されていた日本,韓国,合衆国への公演旅行の実現が危ぶまれると語ったという。Postmees 紙のウェブサイトでは,4人の主役たちの間で,文化大臣 Laine Jänes さんの言い分が正しいのか,楽団側 (N. Järvi, A. Siitan) の言い分が正しいのがの論争が続いている。傍観者的にまとめると,「芸術家といえども予算の使い方のルールを守ってもらわないと困る」「文化省は芸術家の活動を統制しようとしている」というレベルの議論のように思われる。

続きを読む "私が正しい - Mul on õigus."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行き詰まる - hädas olema

 女性雑誌 Naised である女性心理学者が述べているところによると,エストニアの男たちは,身体的にも精神的にも行き詰まって,足もとが燃えているのに,誰かに相談して助け支えを求めたりしない傾向がある。仕事の重圧,結婚生活のほころび,精神的な困惑といった問題からの安らぎをアルコールに求めてしまう。

続きを読む "行き詰まる - hädas olema"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア語を守り育てる - eesti keele hoidjad

 言語の維持にもっとも貢献しているのは誰か,エリート層なのか一般大衆なのか,という議論は別として,エストニア語に関わる機関や組織団体は,エストニアにとって,固有の文化を守るいわば防衛組織のような位置づけにある。エストニアのイルベス大統領 Toomas Hendrik Ilves が,今週 (11/17),エストニア語審議会の代表と会合し, エストニア語研究所と母語学会を訪問した。

続きを読む "エストニア語を守り育てる - eesti keele hoidjad"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸術の秋のスキャンダル - kultuuriskandaal

 この秋に音楽のシーズンが開幕した直後に表面化したエストニア国立交響楽団 Eesti Riiklik Sümfooniaorkester (ERSO) - Estonian National Symphony Orchestra (ENSO) の運営をめぐるエストニア文化省と交響楽団の責任者との間の対立が,後者の罷免ということでけりが付いたようです。おまけとして,同交響楽団首席指揮者の Neeme Järvi が辞任しました。

続きを読む "芸術の秋のスキャンダル - kultuuriskandaal"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜の芸術 - pakane

 エストニアにもいよいよ寒い冬が到来するようである。来週の後半には-12~-15℃くらいまで気温が下がる見込みだという。ただし,本格的な積雪はまだ先らしい。

 記事: Järgmine nädal saabub krõbeda külmaga (Postimees 2010/11/17)

Esimene krõbe külm suurt lund veel ei too.

続きを読む "霜の芸術 - pakane"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年間の執行猶予 - kaheaastane katseajaeg

 5月に起こったエストニアのイルベス大統領の長女ユーリア・クリスティーヌさん Juulia Kristiine Ilves から数百万クローンを脅し取ろうとした恐喝未遂事件の犯人の17歳の少女 (名前は Kätlin とされる) に対する判決が,パルヌ地方裁判所 Pärnu maakohus で下された。懲役2年8カ月,執行猶予2年の有罪である。検察の求刑は4年だった。エストニア語では,日本で言う懲役と禁固がことばの上で区別されないので,正確にはどちらかわからない。このほか,裁判費用など 13,095 クローン (95,000円) の支払いが命じられた。被告人は7日以内に控訴することができる。

続きを読む "2年間の執行猶予 - kaheaastane katseajaeg"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの高齢者 - Eesti vanim inimene

 先週 (11/12),タリンの最高齢の男性だった Karl Plutus さんが 106 歳で死亡したが,この人はエストニアの最高齢の男性でもあったそうである。現在,エストニアの最高齢者は,ハリユ県 Harjumaa の南のラプラ県 Raplamaa 在住の 107 歳の女性で,2番目の高齢者の女性はタルト県 Tartumaa 在住で 106 歳,ついで 105 歳の女性がハリユ県に3人,西ヴィル県 Lääne-Virumaa に1人いる。 Karl Plutus さん亡き後のエストニアの最高齢の男性は,ヴィリヤンティ県 Viljandimaa に住む 104 歳の男性である, ほかに,ハリユ県と西ヴィル県にひとりずつ 104 歳の女性がいる。

続きを読む "エストニアの高齢者 - Eesti vanim inimene"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タブレット端末とスマートホン - tahvelarvuti ja nutitelefon

 私は今のところどちらとも縁がないが,エストニアでもタブレット端末の導入を検討する学校が現れ始めたようである。タブレット端末とスマートホンのどちらも Apple の iPhone や iPad 以前からある概念らしいが,Apple の製品の登場で一躍脚光を浴びたようである。どちらにも触ったことがないので,ここでは,この技術に関連するエストニア語の語彙をネットから拾って列挙するだけにとどめる。

続きを読む "タブレット端末とスマートホン - tahvelarvuti ja nutitelefon"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ルーテル教会と正教会 - luteri usk ja õigeusk

 エストニアの主要な宗教はキリスト教 ristiusk だが,主要な宗派は,ロシア正教会 (モスクワ総大司教区エストニア正教会; 信者20万人; 住民の約15%),エストニア福音ルーテル教会 (信者 18万人), エストニア正教会 (信者 27,000人) である。ソ連併合前のエストニアでは,住民の 78 %がルーテル教会に属し,正教会の信徒の割合は 19 %だった。

続きを読む "ルーテル教会と正教会 - luteri usk ja õigeusk"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タリンの最高齢者の死去 - vanim tallinlane

 エストニアのタリンの最高齢者 vanim elanik だった Karl Plutus カルル・プルトスさんが亡くなった。9月10日に106歳の誕生日を元気で迎え,祝福されたばかりだった。Karl さんは,妹で98歳の Aliide さんと,タリンの都心の2DKのアパートに暮らし, Aliide さんの60歳の息子が身の回りの世話をしていた。

続きを読む "タリンの最高齢者の死去 - vanim tallinlane "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯沸かしコイル (2) - keeduspiraal

 ソフィ・オクサネン Sofi Oksanen の小説「粛清」の中で,ウラジオストクにいるザラ Zara がお茶を淹れようとお湯を沸かすシーンで,湯沸かしコイル keeduspiraal (英語 immersion heater, heating coil) が使われていることを話題にした。

続きを読む "湯沸かしコイル (2) - keeduspiraal"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

秋の公園 - sügisene park

 南エストニアは15日,とても暖かかったようで,昼の12時の気温は11.4℃だったそうです。南エストニアの11月の最高気温は,1967年11月3日に記録された13.8℃。

 写真は,タルトの公園の秋の風景だそうです。私は,菱田春草の絵を連想しました。「落葉」,名画だと思います。

続きを読む "秋の公園 - sügisene park"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケートリンク開き - liuväli

 エストニアのタリン市の旧市街下町,ハリユ通り Harju tänav の公園の一角に冬季だけ開設されるスケートリンクが今シーズンもお目見えし,父の日をスケートで楽しむ家族連れが大勢訪れた。このスケートリンクは,2006年から毎年冬の期間だけ開設され,今年で5回目の登場という。昨シーズン (2009/11/08 - 2010/04/04) の利用者は 24 451人で,そのうち,中高生の体育の時間の利用者は延べ4055人だった。

続きを読む "スケートリンク開き - liuväli"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝負審判 - kohtunik

 把瑠都の活躍でエストニアの新聞サイトにも,すぐにその日の把瑠都の取り組みの結果が報道される。日本相撲協会のサイトで確認すると,九州場所2日目の今日の把瑠都の対戦相手は東小結の阿覧 Aran で,結果は波離間投げの把瑠都の勝ち。エストニアの新聞サイトの記事によると,どうやら行司の軍配に物言いが付いて,勝負審判の協議の結果,把瑠都の勝ちが決まったらしい。それにしても耳慣れない決まり手だが,どんな結末の取り組みだったのだろうか。

続きを読む "勝負審判 - kohtunik"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布教活動と文化活動 - kultuuripäevad

 先月の最後の週末にエストニアで開かれた「韓国文化祭り」なる催しについての議論が2ちゃんねるで先週行われたようです。私は2ちゃんねるそのものにアクセスしたことがなく,2ちゃんねるの議論のダイジェストを載せたサイトで知りました。

 問題のイベント (10/310-31) については「キリスト教の1宗派の布教活動である」ということで,エストニアのマスコミは取材・報道を最小限に自粛したようですが,その中で異例だったのは,この催しの直前に,エストニア・テレビが,主催者の宗教団体 (万民中央協会?) を批判するドキュメンタリー番組を流したことです。2ちゃんねるの情報では,日刊紙 Postimees も紙面で,宗教団体を批判する特集を組んだようです。

続きを読む "布教活動と文化活動 - kultuuripäevad"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

父の日 (2) - isadepäev

 昨日 (11/14) のエストニアの父の日について行われた 2500 人の読者を対象にしたアンケート調査によると,エストニアの家庭の父の日の祝い方は,次のようだったらしい。

続きを読む "父の日 (2) - isadepäev"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーテル教会の統合 - kirikud ühinevad

 エストニアの福音ルーテル教会は,これまで,ソビエト体制下のエストニアで活動を続けて今日に至った Eesti Evangeelne Luterlik Kirik (EELK) とソ連邦による占領を逃れて西側に亡命した聖職者と信者たちが維持してきた Eesti Evangeeliumi Luteriusu Kirik (E.E.L.K.) の2つの組織に分かれ,それぞれに peapiiskop 大監督 (archbishop) がいるという変則的な状態が続いていたが,11月13日,1つの教会組織に統合する協定の調印が行われた。統合なったエストニア・ルーテル教会 (EELK) の peapiiskop は現在タリンに在住する peapiiskop Andres Põder 氏が努め,国外のエストニア・ルーテル教会組織 (E.E.L.K.) は,EELK の海外教区の位置づけになる。

続きを読む "ルーテル教会の統合 - kirikud ühinevad"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の日 - isadepäev

 今日11月14日は,11月の第2日曜日,エストニアでは父の日で,国旗を掲揚する国民の祝日である。Wikipedia を見ると,父の日は国によってまちまちで,もっとも多くの国が父の日に選んでいるのは6月の第3日曜日,日本もこの仲間だ。11月の第2日曜日を父の日に定めているのは,デンマーク以外の北欧4カ国で,エストニアも父の日の習慣がフィンランドから入ってきた関係で,11月の第2日曜が父の日となったらしい。なお,日本語 Wikipedia には,エストニアでも11月の第2日曜日が父の日だということは書いてないが,エストニア語のほかに,英語やフィンランド語の Wikipedia にはちゃんと書かれている。

続きを読む "父の日 - isadepäev"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最も輝いた女性 - aasta naine 2010

 エストニアBPW Eesti Ettevõtlike Naiste Assotsiatsiooni (EENA) は,今年 (2010) 最も輝いた女性 aasta naine 2010 に,バンクーバーオリンピックの銀メダリストのスキー選手 (引退) の Kristina Šmigun-Vähi シュミグンさんを選んだ。11日に行われた表彰式では,昨年,最も輝いた女性に選ばれた Aet Maatee さん (2009年の全国合唱・舞踊祭の実行委員長)から,シュミグンさんに称号が授与された。

続きを読む "今年最も輝いた女性 - aasta naine 2010"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の色はどんな青? (2) - sinine

 エストニア語の詩で sinine (青い) と形容されている空の色はどんないろなのだろうかという話 (11/03) の続きである。

 関連ページ: 空の色はどんな青? - sinine (2010/11/03)

甘~い紫芋、種子島ゴールドと言う甘味の強い品種 サツマイモの一種にムラサキイモ(紫芋)と呼ばれる品種がある。そのムラサキイモの新種として2005年に「暁紫」(あけむらさき)と呼ばれる品種が登録されたらしい。「あけむらさき」の「暁」は「紫芋品種の新しい時代の幕開けを表現したもの」という。つまり明け方の空の色とは直接の関係ない命名らしいが,この名前を地下鉄の車内の芋焼酎の広告で見つけて,「暁」という文字の連想で,問題の青は暁の空の色のことだったという基本的なことを改めて思い出した。夜明けの空の色の話なのに,夕暮れの空の色を問題にするだけで満足していたうっかりに気づいたのである。ふだん早起きをすることがない私のような人間の陥りそうな過ちである。

続きを読む "空の色はどんな青? (2) - sinine"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロッコリー - spargelkapsas ehk brokoli

 ブロッコリー spargelkapsas は,エストニアではまだよく知られていない野菜のようである。エストニア語での名前がわかったので感激。この野菜を嫌いな人は結構いるようだが,私は最初から違和感がなく食べられたので,なぜ嫌いな人がいるのかよくわからない。

続きを読む "ブロッコリー - spargelkapsas ehk brokoli"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サウナ - saun

 サウナというとフィンランドというイメージだが,いわゆるフィンランド式のサウナはエストニアでも古くからある標準的な入浴方法である。まだソビエト時代の1980年に2ヶ月ほど私がホームステイ (=居候) させてもらったタリン郊外の家には,内湯がなくて,家族と一緖に湯屋というか,公衆浴場に連れて行ってもらったことがある。公衆サウナには,バスタブもいくつかあって,そこで身体を洗うこともできたが,どうも追加料金がかかったようで,ブリキのバケツだけ借りて湯をいれて,立ったまま身体を洗う人が多かったような気がする。行く機会はなかったが,ソビエト時代でも農村部にはコルホーズの共同サウナがあったはずである。私の知人の家では,その後,息子たちが大学を卒業して働き出し,家族の生活が安定してくると,息子たちが自前で庭にサウナを建てたので,私はタリンに行くと,サウナが目当てで何度もお邪魔した。

続きを読む "サウナ - saun"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体操 - võimlemine

 ロシアで開かれた団体徒手体操 rühmvõimlemine (aesthetic group gymnastics) の大会で,エストニアの10-12歳の少女たちのチーム,体操クラブ Piruett が銅メダルを獲得した。優勝,第2位はともにロシア人チーム。競技会には,ロシア,エストニアのほか,ウクライナとフィンランドのチームが参加した。

続きを読む "体操 - võimlemine"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽電池パネル - päikesepaneel

 エストニアのタルトの南西にある町 Elva エルヴァの病院 Elva haigla が,2階建ての病棟を増築するのを機会に,病院の屋根を太陽電池パネルで覆う計画を立てている。増築の費用 1520万クローン (1億1000万円) のうちの1030万クローンはEUの医療援助を受け,残りの490万クローンは借入金でまかなうという。

続きを読む "太陽電池パネル - päikesepaneel"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪件数 - kuritegevus

 エストニアでは,今年の犯罪の発生件数が昨年を上回る状態がずっと続いている。今年の1月から10月までの10ヶ月間の犯罪件数は 41 257 件,昨年の同じ期間と比べて,件数で 1245 件,割合にして3%の増加である。警察によれば,9月までの犯罪件数が昨年より6%多かったのと比べ,犯罪の発生がやや治まってきていると考えられるという。

続きを読む "犯罪件数 - kuritegevus"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーレマーのミスコンテスト - kena väljanägemisega naine

 エストニアのサーレマーで,今月27日に最終選考が行われる島のミスコンテスト“Saarepiiga 2010”は,現在出場者を募集中である。応募資格のあるのは,快活,前向き,自分を大切にする,見目麗しい年齢18~30歳の女性で,未婚,既婚を問わない。

続きを読む "サーレマーのミスコンテスト - kena väljanägemisega naine"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税 - käibemaks (KM)

 エストニアの消費税 käibemaks (KM) の一般税率は20%である。日本語の Wikipedia では18%となっているが,これは2009年6月までの消費税率で,2009年7月から20%に引き上げられた。

 エストニアでは,食料品にかけられる消費税も20%で,この税率は,食料品の消費税率としては,ヨーロッパで6番目に高いらしい。参考までにエストニアより食料品の消費税率が高いのは,ラトビア,リトアニア,デンマーク,クロアチア,ハンガリーだそうである。記事には税率は書かれていないが,もっとも高いのは,デンマークの25%だと思われる。ラトビアとリトアニアも一般税率と同じ21%と思われる。参考までに,フィンランドは,一般消費税率は23%とエストニアよりも高いが,食料品の税率は13%だから,エストニアの税率が高さがわかる。一方,イギリスやアイルランドでは,食料品には消費税がかからないらしい。

続きを読む "消費税 - käibemaks (KM) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IDカード - ID-kaart

 エストニアのIDカードのデザインが来年1月から変わる。同時にセキュリティの向上も行われる。2002年から発行されている現行のシステムのIDカードは,これまでに110万枚発行されたという。新しいIDカードの導入に合わせて,外国人(EU加盟国の国民でない人)の在留許可証が廃止され,代わりに,エストニア人用のIDカードに準じた機能を持つ在留許可カードが発行される。新しい技術が導入されたカードのため,従来のIDカードと比べ,発行手数料が値上がりする。現在のIDカードリーダーは,ソフトウェアを更新すれば,今後も利用できる。

続きを読む "IDカード - ID-kaart"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘いもの好き - maiasmokk

 タリンの旧市街の Raekoja plats 市庁舎広場の北側から細い道 ─ Saiakang 白パン小路─ を抜けると三叉路の広場 ─ Suurgildi plats ─ に出る。トーンペア Toompea から下りてきた坂道 Pikk jalg から門をくぐると Pikk tänav 長通りになるが,この通りを道なりに歩いて最初にある広場である。広場を起点に右に分かれる通りは,最初の建物 Pühavaimu kirik 聖霊教会の名前にちなんで Pühavaimu tänav 聖霊通りと呼ばれる。Pikk と Pühavaimu の2つの通りに挟まれた細長い二等辺三角形の広場の底辺になっているのがカフェ Maiasmokk の建物である。

続きを読む "甘いもの好き - maiasmokk"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建物の瓦礫 - rusud

 エストニア・西ヴィル県 Lääne-Virumaa の Tapa タパでは,近隣住民の苦情により,20年前に未完成のまま建築作業が中止されてそのまま放置され,崩壊の危険があった5階建ての建物の解体作業を,9月,軍に委託して行った。その瓦礫が撤去されないまま放置されていて,子どもたちの遊び場になっており,危険極まりないと,近所の住人たちが市に対して苦情を言い続けているらしい。

続きを読む "建物の瓦礫 - rusud "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの写真アルバム - fotogalerii

 エストニア各地の風景や名所の写真を絵はがき風に見られるサイトがあります。同じ写真集が,英語とロシア語で見られます。とにかく枚数が多いので,一度ご覧ください。

続きを読む "エストニアの写真アルバム - fotogalerii"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィル・ホテル - Viru hotell

Virumaa. Wikipedia. 来年(2011)1月13日,エストニアの首都タリンの Viru hotell ヴィル・ホテル(現在の正式名は Sokos Hotel Viru) の最上階23階が,ホテルの歴史博物館として一般市民に公開される。ガイド付きの見学ができるようになると書かれているので,見学は申し込み制かもしれない。これまで,このホテルの最上階は公式にはレストランのあった22階ということになっていた。見晴らしのいいレストランで,私も何度か行ったことがあるが,今はもうなくなったらしい。

 ホテルの幻の最上階は,悪名高きホテルのKGB ソ連邦公安警察【*】の盗聴設備のあったところだとされる。盗聴室の場所については,ある読者がコメントで「2階にあったはず。23階にあったのは,無線傍受設備だった」という説を出している。私も盗聴室は2階にあるらしいという話を何度も聞いていたので,23階にあったというのはこの記事で初めて知った。ホテルの屋根にはアンテナが何本もあったわけだから,無線傍受をしていたのは本当だろう。なお,2階がエレベーターが停まらない階だったのは事実である。ここに,ホテルのKGB責任者のオフィスがあったのは確かだろう。盗聴マイクが仕掛けてあったのは60室で,外国から要注意人物がやってきたときには,それらの部屋に割り振るようになっていたそうである。

続きを読む "ヴィル・ホテル - Viru hotell "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料オフィスソフト - vaba kontoritarkvara

 エストニアでは国の機関で使うオフィスソフトを,可能な限り,いわゆる無料オフィスソフトソフトに切り替えることによって経費を節約する運動を進めており,実際に成果が上がっているという。

続きを読む "無料オフィスソフト - vaba kontoritarkvara"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Viru は Viro ではない - Viru ja Viro

 大学書林から出た『エストニア語入門』という本の巻末の語彙集に,Viru はエストニアを指すと書かれているが,これが間違いだということはすでに指摘した (「エストニア語入門」批評 2009/11/17)。エストニア語の Viru は,東北エストニアの旧国名である。現在の行政区画では Ida-Viru maakond 東ヴィル県 (ソビエト時代の Kohtla-Järve rajoon コフトラ・ヤルヴェ地区にほぼ相当) と Lääne-Viru maakond 西ヴィル県 (ソビエト時代の Rakvere rajoon ラクヴェレ地区にほぼ相当) を合わせた地域が,おおむね昔の Virumaa である。東ヴィル県で有名な都市は Narva ナルヴァ,西ヴィル県で有名な都市は,Rakvere ラクヴェレと Tapa タパである。

続きを読む "Viru は Viro ではない - Viru ja Viro "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア語スペルチェッカーのことなど - speller jm. tarkvara

 エストニア語でメールを書くことのある日本人はごく少数であろう。その中で,フリーのメールソフト Mozilla Thunderbird を使っている人は,さらにその一部ということになるから,これから書く話がいったい何人の人の役に立つかはまったくわからない。

 Thunderbird は,アドオン (プラグインとどこが違うのか不明) と呼ばれるスクリプトをダウンロードして登録すると,いろいろな機能を付け加えることができる。スペルチェックもそのひとつだが,エストニア語のスペルチェックをしてくれるアドオンがある。

続きを読む "エストニア語スペルチェッカーのことなど - speller jm. tarkvara"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

糖尿病の予防 - diabeet

 東タリン中央病院 Ida-Tallinna keskhaigla の糖尿病担当看護師 Aili Oinus さんが,糖尿病の予防について語っている。日本でふつう言われていることと基本的に同じはずだが,外国語だと日本語で聞いたときに聞き流したような事柄にも注意して聞くことができるような気がする。いずれにしても,基本は,正しい食事と十分な運動であるが,これがなかなか守れない。

続きを読む "糖尿病の予防 - diabeet"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

受刑者と選挙権 - vangide valimisõigus

 エストニアの法務省 justiitsministeerium は,受刑者にも選挙権を与える方向での検討を今年の春に始めたそうである。

続きを読む "受刑者と選挙権 - vangide valimisõigus "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温室 - kasvuhoone

 すっかり新装改築されたエストニアのタリン植物園 Tallinna Botaanikaaed が市民に公開された。温室の新装改築に要した総工費 3400 万クローン(2億5000万円)の8割にあたる2700万クローンはEUの援助であるそうだ。

続きを読む "温室 - kasvuhoone"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後知恵 - tagantjärele tarkus

 テレビのニュース番組で報道されたこともあって, Postimees 紙のサイトは,学校問題に関する記事で急に騒がしくなっている。ただ,よく見ると,3人の少女の自殺未遂騒動に関する記事はひとつだけで,そのほかの記事は,学校での子供のしかり方に関する批判的な意見交換に話題が移ってしまっているようだ。学校における体罰の是非に関するエストニアの有識者たちの議論は,とりあえず別の機会にまわそう。

続きを読む "後知恵 - tagantjärele tarkus"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア語の入門教材ガイド - eesti keelt õppima

 日本国内でエストニア語を勉強しようとする日本人はあまりいませんが,ときどき質問があるので,私のホームページに 「エストニア語を学ぶ」というページを作って,エストニア語の入門書・文法書・辞書などの簡単な解説と,オンライン書店へのリンクを紹介していますので,ご覧ください。

続きを読む "エストニア語の入門教材ガイド - eesti keelt õppima"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮気 - kõrvalehüpe

 エストニアの日刊紙 Postimees の女性向けサイトに,浮気が露見したあと,どうやって関係を修復するかというテーマの記事があった。「双方に関係を修復したいという強い意志があればもとのような関係に戻ることは可能である。今のパートナー関係を解消してしまうのもひとつの解決方法だが,きちんと問題を解決してから別れないと,未解決のまま残った問題が,新しいパートナーとの関係に影を及ぼすことが多い。まず今の関係を修復することを考え,分かれるのは最後の手段と考えたほうがいい」と,家族問題の専門家は言っているそうである。専門家の意見が,専門家でない人の意見とぴったり一致する極めてめずらしい事例である。

続きを読む "浮気 - kõrvalehüpe"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

学校のいじめ - koolikiusamine

 南エストニアの Võru ヴォルで発行されている新聞 Lõunaleht のウェブサイトに,衝撃的な見出しのページがある。

学校で何かが起こっている: 学校のいじめが集団自殺未遂の原因か?

 南エストニアの同じ学校に通う十代の少女が3人,学校の休みの始まる直前に自殺未遂をした。原因は? このような事件を芽のうちに防ぐための対策はあるのか。また,防ぐことはそもそも可能なのか?

続きを読む "学校のいじめ - koolikiusamine"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

エストニア語を教える - eesti keelt õpetama

 この秋から,北京外国語大学 Pekingi Välisõpingute Ülikoolエストニア語のコースが始まった。受講生は30人いるそうだ。エストニアから派遣されて講師を務めるのは Katrin Jänese カトリン・ヤネセさん。去る3月,講師の公募への応募者13人の中から採用された。タルト大学エストニア語及びフィン・ウゴル語学科 を卒業したあと,2003年から同大学の言語センター Keelekeskus の講師として,外国人にエストニア語を教えていた。

続きを読む "エストニア語を教える - eesti keelt õpetama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海に沈む - uppuma

 タリンからストックホルムに向かっていたエストニアのフェリー 「エストニア号」 Estonia が,1994年9月28日の深夜にフィンランドの沖で沈没してから早くも16年が過ぎた。船には,乗務員を合わせて989人が乗っており,そのうちの137人が救助されたが,残りの852人が死亡遺体が見つかったのはそのうちの95人という。事故が起こったのはフィンランドの海域だが,沈没の原因は完全には解明されないままである。

続きを読む "海に沈む - uppuma"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の色はどんな青? - sinine

 エストニアの合唱曲が人気があるようだ。ヴェリヨ・トルミス Veljo Tormis の作曲した合唱曲がとくに人気があるようで,詩を訳してほしいと頼まれたりすることがある。白状すれば,トルミスの合唱曲の詩は難しいものが多くてうまく訳せないことが多い。

 トルミスが1968年に作曲した女声合唱曲 Talvemustrid 「冬の紋様たち」の4つの詩は Andres Ehin アントレス・エヒンという詩人の作品である。この詩人はエストニア語の俳句も書いているらしいが,詳しいことは Vikipeedia (エストニア語の Wikipedia) などを参照されたい。合唱曲で最初に歌われるのがこの詩である。

続きを読む "空の色はどんな青? - sinine"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ - koduleht

 英語の homepage 「ホームページ」をそのままエストニア語に直訳した kodulehekülg ─ kodu 「家,うち」+ lehekülg 「ページ」 ─ という言い方もあるが,「葉っぱ」「1枚の紙」という意味の leht を使った koduleht のほうが好まれるようだ。短いためだろう。Google で検索 (2010/11/02) すると, koduleht は約 240万件, kodulehekülg は約80万件ヒットする。

続きを読む "ホームページ - koduleht"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの手話 - viipekeel

 エストニアには,聴覚障害者約2000人を含む4500人の手話の話者がいる。2006年,タルト大学で手話通訳の養成が始められ,2007年からは,エストニア政府も手話を国内で使用されている言語の1つと認定している。しかし,手話通訳をとりまく現実は厳しいようだ。

続きを読む "エストニアの手話 - viipekeel"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロ電卓 - eurokalkulaator

 ユーロへの移行を控えたエストニアでは,全国の各世帯に1台ずつ,ユーロとクローンの相互換算専用の電卓を郵送で配布する。電卓の配布で国から,エストニア郵政 Eesti Post に支払われる費用は85万クローン (610万円)。郵便物の受取を辞退することはできないが,電卓を返却したい場合は,不良電卓の交換窓口に持って行くと受け取ってもらえるらしい。

続きを読む "ユーロ電卓 - eurokalkulaator"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレサーレ空港 (サーレマー) - Kuressaare lennujaam

 サーレマーのクレサーレ空港 Kuressaare lennujaam は,タリン空港,タルト空港に次いで,エストニアで3番目に大きい空港である。クレサーレ空港の年間の出発旅行客は2万人を超える。クレサーレ空港の拡張工事がひとまず終わったらしい。

続きを読む "クレサーレ空港 (サーレマー) - Kuressaare lennujaam "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コルベレ城 - Koluvere loss

 ソフィ・オクサネン Sofi Oksanen の「粛清」の舞台となる主人公 Aliide の住む家のある場所は,Koluvere コルベレという村である。タリンから南西方向, Haapsalu ハープサルに向かう国道を3分の2ほど行ったところに Risti リスティという町がある。ここで左折して 10 キロ余り南下した所にあって,コルベレ城 Koluvere loss で有名なところだ。13世紀にはすでに石造りの城がこの地にあったという。コルベレ城は,18世紀にエカテリーナ2世 (在位 1762-1796) の所有になる。参考までに,タリンの合唱祭広場 Tallina Lauluväljak ある地区の名 Kadriorg カトリオルクは「エカテリーナの谷」という意味だが,これは,ペテルブルクを築いたピョートル1世が妃エカテリーナのために作った別荘地に由来するらしい。

続きを読む "コルベレ城 - Koluvere loss"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »