« 空の色はどんな青? - sinine | トップページ | エストニア語を教える - eesti keelt õpetama »

海に沈む - uppuma

 タリンからストックホルムに向かっていたエストニアのフェリー 「エストニア号」 Estonia が,1994年9月28日の深夜にフィンランドの沖で沈没してから早くも16年が過ぎた。船には,乗務員を合わせて989人が乗っており,そのうちの137人が救助されたが,残りの852人が死亡遺体が見つかったのはそのうちの95人という。事故が起こったのはフィンランドの海域だが,沈没の原因は完全には解明されないままである。

 エストニア赤十字社 Eesti Punane Rist は,フィンランドとスウェーデンの赤十字社,スウェーデンの児童保護連合 Rootsi Laste Liit の協力のもとに,エストニア国内に住む,エストニア海難事故で親を失った子供たちの学業支援を1995年から行っている。その奨学金の受給者は数年前までは140~150人いたが,昨年は29人,今年は23人に減った。海難の年に生まれた子供たちがもすでに16歳になり,高校生である。奨学金は,当初は大学生にも給付されていたが,2003年以降は,高校または専門学校の在学期間までとなっている。

 記事: Sel õppeaastal saab õppetoetust 23 Estonia katastroofi orbu (Postimees 2010/10/31)

フェリー  parvlaev
沈む    uppuma
事故    õnnetus
命を失う  hukkuma
遺体    surnukeha
学業支援 õppetoetus
基礎教育 põhiharidus (小学校+中学校)
中等教育 keskharidus
職業教育 kutseharidus
高等教育 kõrgharidus
基礎学校 põhikool (小学校+中学校)
中等学校 keskkool (高等学校)
職業学校 kutsekool
大学    kõrgkool
孤児    orb, vaeslaps
赤十字社 Punase Rist

エストニア号

|

« 空の色はどんな青? - sinine | トップページ | エストニア語を教える - eesti keelt õpetama »

教育」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49906542

この記事へのトラックバック一覧です: 海に沈む - uppuma:

« 空の色はどんな青? - sinine | トップページ | エストニア語を教える - eesti keelt õpetama »