« 2年間の執行猶予 - kaheaastane katseajaeg | トップページ | 芸術の秋のスキャンダル - kultuuriskandaal »

霜の芸術 - pakane

 エストニアにもいよいよ寒い冬が到来するようである。来週の後半には-12~-15℃くらいまで気温が下がる見込みだという。ただし,本格的な積雪はまだ先らしい。

 記事: Järgmine nädal saabub krõbeda külmaga (Postimees 2010/11/17)

Esimene krõbe külm suurt lund veel ei too.

 記事の写真 (上) の霜の花は今年のものかどうかわからないが,この写真を一目見て,私は児童文学作家 Ellen Niit (1928-) の Pille-Riini lood 「ピレ=リーン物語」を思い出した。少女 Pille-Riin が朝起きて,仕事に出かけるお母さんを窓から見送っているときに,窓ガラスの霜の芸術を見つけるという話 (Pille-Riin ja pakane ピレ=リーンと寒い朝) である。

Ellen Niit: Pille-Riini lood. Kirjastus TEA, 2007. See oli hommikul. Akna taga oli taevas veel hämar ja sinetav. [...]

Aknaklaas oli alumisest servast udune ja äkki joonistas keegi sinna männioksa. Aga mitte niisuguse, kui Pille-Riin harilikult tegi, et kriips ja väikesed kriipsud küljes, vaid hõbedase ja ilusa. [...] Samas tekkis aknale veel teine männioks ja Pille-Riin ütles: "Oi!" See oli veel hõbedasem ja veel ilusam kui esimene.

Pille-Riin oli alguses üsna ehmatanud. Siis tuli talle aga midagi meelde, mis vanaisa oli rääkinud. Muidugi! See oli Pakane, kes aknale joonistab.



 ある朝のことです。窓の外の空はまだ薄暗く,青い色をしていました。[...]

 窓ガラスは下の方が曇っています。そのとき急に誰かがそこに松の枝を描きました。でもそれは,ピレ=リーンがいつも描くような一本の線の両側に短い線を引いたものではなくて,銀色の美しい枝です。 [...] 今度は窓にもう1本の松の小枝が現れ,ピレ=リーンは思わず「ワッ」と声を出しました。今度の枝は最初の枝よりもっときれいな銀色です。

 ピレ=リーンは最初すっかり驚いてしまいました。でも,おじいさんが言っていたことを思い出しました。そうだ! 朝の寒さが窓に絵を描いているんだ。

Ellen Niit 22.04.2010. 1963年に書かれた物語である。ときに,作者の Ellen Niit (写真は 2010年4月) は,ノーベル文学賞の候補になったと言われる作家,故 Jaan Kross (1920-2007) の夫人である。

パリっとした krõbe
寒い,寒さ  külm
本格的な   korralik
冬の寒さ   talvekülm
冬      talv
降雪     lumesadu
北風     põhjatuul
北東風    kirdetuul
乾いた    kuiv
みぞれ    lörts
高気圧    kõrgrõhuala
強まる    tugevnema
下がる    langema
弱まる    nõrgenema
0℃に近い  nullilähedane
確率     tõenäosus
夜中に    öösel
朝に     hommikul
雪雲     lumepilved
氷点下の寒さ pakane

|

« 2年間の執行猶予 - kaheaastane katseajaeg | トップページ | 芸術の秋のスキャンダル - kultuuriskandaal »

天気・気候」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50065399

この記事へのトラックバック一覧です: 霜の芸術 - pakane:

« 2年間の執行猶予 - kaheaastane katseajaeg | トップページ | 芸術の秋のスキャンダル - kultuuriskandaal »