« 霜の芸術 - pakane | トップページ | エストニア語を守り育てる - eesti keele hoidjad »

芸術の秋のスキャンダル - kultuuriskandaal

 この秋に音楽のシーズンが開幕した直後に表面化したエストニア国立交響楽団 Eesti Riiklik Sümfooniaorkester (ERSO) - Estonian National Symphony Orchestra (ENSO) の運営をめぐるエストニア文化省と交響楽団の責任者との間の対立が,後者の罷免ということでけりが付いたようです。おまけとして,同交響楽団首席指揮者の Neeme Järvi が辞任しました。

 何が原因ですったもんだしていたのかは,すっきりとはわからないのですが,新聞記事を読む限りでは,楽団の経営が悪化していて,国としては,これ以上ない袖は振れないとして,楽団責任者 Andres Siitan 氏の経営責任を問う形でこの問題の幕引きが行われたということのようです。また,Neeme Järvi 氏は,前楽団責任者の Siitan 氏ときわめて良好な関係にあり,文化省に対して Siitan 氏擁護の発言をしてきた経緯もあって,楽団の新しいトップとぎくしゃくする恐れが濃厚なため,不本意ながら楽団を去ることを決意したというのが真相だというふうに私は理解しました。

 なお,Neeme Järvi 氏のこの間の仕事に対する報酬が楽団からまだ支払われていないらしいとも報じられていて, Laine Jänes 文化大臣は,それはきちんと支払う,と表明しているようですが,問題の解決のしかたを巡って,各方面から,文化がなんたるか解っていないとんでもない大臣だと批判されています。

 記事:
 Juhtkiri: järjekordne kultuuriskandaal (Postimees 2010/11/16)
 Kultuuriminister vallandas ERSO direktori Andres Siitani (Postimees 2010/11/15)
 Siitan: ma poleks saanud ERSOt teisiti juhtida (Postimees 2010/11/18)
 Neeme Järvi esitas avalduse ERSO peadirigendi kohalt lahkumiseks (PM 2010/11/18)
 Neeme Järvi: pean lahkuma, kuigi ei taha (Postimees 2010/11/18)
 Järvil on ERSOga kahemiljoniline leping (Postimees 2010/11/19)

 参考までに,Neeme Järvi 氏と楽団の間の契約は,仕事は1年間に6週間,1週間当たり 156 000 クローン(115万円) の報酬を受け,ビジネスクラスの航空運賃とエストニア滞在中の高級ホテルの宿泊代を楽団が負担するというような内容だったと Postimees 紙は報じています。また,同紙によれば,Neeme Järvi 氏に対する未払い金額は 40万クローン (290万円) と推定されるそうです。これは,エストニアの平均賃金を考えると,日本の感覚で言えば 1000 万円を超える金額ですが,この間,楽団員たちは,最低賃金の支払われる有給休暇を取らされているそうです。文化省は,楽団の人件費のために 150万クローン (1100万円) の財源を工面するとしてますが,それでも十分足りるかどうか,疑問の声も出ているそうです。

 日本には毎月のお小遣いが1500万円という人もいるようですが,そういう方が,1カ月分のお小遣いを1口として,何口かエストニアにポンと寄付すれば,彼の地の大勢の音楽労働者たちが無事に年を越せるようになるのではないかという思いが,さっき頭の隅を一瞬かすめて消えました。

 関連ページ: 指揮者 - dirigent Neeme Järvi (2010/05/16)

Neeme Järvi (芸術家)
Neeme Järvi

Laine Jänes (大臣)
Laine Jänes

Andres Siitan (前任者 [免職])
ERSO eksdirektor Andres Siitan.

Anneli Unt (後任者 [代行])
Eesti Filharmoonia Kammerkoori direktor Anneli Unt täidab alates 16. novembrist ka ERSO direktori kohuseid.

|

« 霜の芸術 - pakane | トップページ | エストニア語を守り育てる - eesti keele hoidjad »

文化・芸術」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/50072598

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術の秋のスキャンダル - kultuuriskandaal:

« 霜の芸術 - pakane | トップページ | エストニア語を守り育てる - eesti keele hoidjad »