« 泥棒に入る - sisse murdma | トップページ | 狐と猫 - rebane ja kass »

工業デザイン - tarbekunst

 エストニアのインダストリアルアートとデザインの博物館 Eesti Tarbekunsti- ja Disainimuuseum で,最近の10年間に何らかの展覧会などで賞を受けた工業デザインの特別展が開かれているという。実際に会場に行ったわけではないから詳しいことはわからないが,記事や写真,映像などから判断すると,商品のパッケージのデザインが中心で,それも,アルコール製品のビンやラベルがとくに多いらしい。

 記事: Auhinnatud pakendid pandi näitusele
 記事: Tarbekunsti- ja disainimuuseumis näeb auhinnatud pakendeid (ERR)

 このテーマでニュースを検索してみたら,おもしろいものが見つかった。牛乳一斉値上がりをめぐる騒動の話 (最高検察庁 - riigiprokuratuur)で名前だけ出てくるビニール袋牛乳 kilepiim を冷蔵庫で保存したり,その牛乳の一部を別の容器にそそいだりするときに使う容器である。

 外国のコンクールでも最優秀に選ばれたというこの容器の名前は voldikkann kilepiimale (ビニール袋牛乳用挾みピッチャー?)。さっそく解析してみよう。 kann はテーブルの上などに置く縦長の液体用の容器で,水差しや,蓋付きのビールジョッキなどの仲間の総称だ。日本でミルクピッチャー (ミルクポット) と呼ぶ製品類は一般にかなり小さいが,エストニアのビニール袋牛乳は1リットル入りだから,ミルクピッチャーとしてはかなり大きい。voldik は,今は死語かもしれないが,昔,紙を挟むフォルダーを「紙ばさみ」と言ったのを連想すると感じがつかめるような気がする。日本語訳としては「袋牛乳用ピッチャー」はどうだろうか。もったいぶった「言語学的解析」を行った成果としてはきわめて平凡な結論である (笑)

 記事: Disainiauhinna võitnud voldikkann sündis enda vajadusest (Tarbija24 2010/09/27)
 記事: Disain teie teenistuses (Postimees 2010/09/23)

 エストニア語の tarbekunst は,インダストリアルアートに相当する名前である。名詞 tarve はもともとは「必要」という意味だが,「~用品」というような意味で,生活に必要な品物や工業製品を指す。たとえば köögitarbed は「台所用品」 (köögi 台所の),koolitarbed は「学用品」 (kooli 学校の) といった具合である。名詞 kunst はドイツ語から入った語で,芸術を意味する。もうひとつ,工業デザインないしインダストリアルデザインということばがある。これに当たるエストニア語は tootedisain になるのではないかと思う。名詞 toode は「製品」にあたるエストニア語,名詞 disain は英語の design がエストニア語にはいったものだ。インダストリアルアートとインダストリアルデザインは厳密に違うのだろうが,私たち一般人はほぼ同意語として使ってもかまわないだろうと思う。

必要       tarve
インダストリアルアート tarbekunst
工業デザイン  tarbedisain
宣伝       reklaam
賞         auhind
包装,パッケージ pakend
飲み物      jook
牛乳       piim
カード(curd)   kohupiim
製品デザイン  tootedisain
冷蔵庫      külmkapp
水差し      kann
挟むもの     voldik
ビニール袋    kilekott
ビニール袋牛乳 kilepiim
ビニール包装  kilepakk
牛乳袋      piimakott
テトラパック    tetrapakk, tetrapakend
節約        kokkuhoid
プラスチックの水差し plastkann
中身が半分空の pooltühi

袋牛乳用ピッチャー Voldikkann kilepiimale (Veiko Liis)
Voldikkann kilepiimale, autor Veiko Liis

|

« 泥棒に入る - sisse murdma | トップページ | 狐と猫 - rebane ja kass »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

料理・食文化」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49832541

この記事へのトラックバック一覧です: 工業デザイン - tarbekunst:

« 泥棒に入る - sisse murdma | トップページ | 狐と猫 - rebane ja kass »