« 遺族年金 - pensionilisa | トップページ | 多民族国家エストニア - rahvusvähemused Eestis »

最高検察庁 - riigiprokuratuur

 エストニアでは,2週間前の9月21日から,牛乳が主要なスーパーで一斉に大幅に値上がりした。値上げの幅は1リットルあたり2クローン程度で,その結果,エストニアの牛乳の小売値段は,1リットルあたり10クローン前後 (74円) となり,たとえばドイツの牛乳よりも高い,北欧諸国とほとんど同じ水準になった。

 最高検察庁の報道担当官が,検察は値上がり直後の木曜日 (9/23) から,公正な競争を阻害する価格協定が結ばれた疑いがあるとして,捜査を行っていることを明らかにした。

 大手牛乳加工業者の Tere は調査官が従業員に聞き取り調査を行ったことを認め, 大手スーパーチェーンの Selver は,幹部クラスが公正競争局の聴取を受けたことを認めた。公正競争局は,値上げのあった翌日,値上げに関して牛乳業界に対する調査を始めると発表していた。

 記事: Riigiprokuratuur: uurime piimakartelli
 記事: Vaata, kui palju maksab piim poes (E24, 2010/09/21)

 新聞社の調べたスーパーで売られている牛乳に値段に関するデータを見ると,牛乳1リットルの値段は,ビニール袋入りが7.90~9.90クローン,テトラパックが10.90~13.10クローン,ビンが10.40~10.90クローンとなっている。ビニール袋入の牛乳はソビエト時代にはごくふつうで,今ではテトラパックにすっかりとって替わられたと思っていたが,今でも健在のようである。

最高検察庁 riigiprokuratuur
国家    riik
検察    prokuratuur
報道担当者 pressiesindaja
牛乳    piim
ビニール袋牛乳 kilepiim
ビニール包装 kilepakend
ビニール袋 kilekott
調査    uurimine
競争を阻害する協定 konkurentsi kahjustav kokkulepe
競争    konkurents
損なう   kahjustama
取り決め  kokkulepe
結ぶ    sõlmima
容疑のある kahtlustatav
牛乳加工業 piimatööstus
認める   kinnitama
質問調査する küsitlema
公正競争局 konkurentsiamet
上げる   tõstma
チェーン店 poekett
一斉に   üheaegselt


9月21日の牛乳の値段 (クリックすると拡大)
Piima hinnad Tallinna kauplustes 21. septembril 2010.

SELVER
Merimetsa Selver Tallinnas.

MAXIMA
Maxima kauplus Tallinnas Sõpruse puiesteel.

PRISMA
Prisma.

|

« 遺族年金 - pensionilisa | トップページ | 多民族国家エストニア - rahvusvähemused Eestis »

料理・食文化」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49625508

この記事へのトラックバック一覧です: 最高検察庁 - riigiprokuratuur:

« 遺族年金 - pensionilisa | トップページ | 多民族国家エストニア - rahvusvähemused Eestis »