« 客船 - reisilaev Georg Ots | トップページ | シートベルト- turvavöö »

エストニアの城 - linnus, loss, kindlus, mõis

 ネットで検索してみると「エストニアの」というページがあって,4つの城が紹介されている。ほかにも城のカテゴリに入る歴史的建築物がエストニア国内にないわけではないが,とりあえず,この4つの城の写真を見れば,エストニアで「城」と呼ばれている建築物のおおよそのイメージが掴めるはずである。

 エストニアの城: Castles in Estonia

 この英語のページでは,ページのタイトルに castle が使われているが,建物のエストニア語名をよく見ると,「城」を意味する3つの類義語が使われていることに気づく。まず,ムフ島 Muhumaa にある Pädaste mõis パタステ城の名前に出てくる mõis (領主の館, 領主の屋敷) で,これは英語では manor house とする訳が定着している。次が linnus で,サーレマーの Kuressaare linnus クレサーレ城とハープサルの Haapsalu linnus ハープサル城の名前に出てくる。3つ目は,タリンの Glehni loss クレーン城の名前に出てくる loss で,これはドイツ語 Schloß (城館,宮殿) がエストニア語に入ったものである。

 linnus と呼ばれている建造物はまた kindlus (城砦)とも呼ばれることがある。今あげた4つの「城」を表す単語は,おおむね次のように区別するのが適当と思われる。ことばとして日本語の「城」にもっとも近いと考えられる linnus は, Kuressaare linnus のように,城壁や堀などをすべてひっくるめた建造物の集合体としての城をさす。これに対して, kindlus は比較的小規模な linnus, とくに,防御が主たる目的の建築物としての「砦」「館」をさすと考えられる。loss は,居住を目的とする城の中心的な建物 (日本的に考えると本丸?) だけが残っているような場合に,その建物を呼ぶときの「城」で,トーンペア丘 Toompea の上にある Toompea loss もこのような意味でそう呼ばれていると考えると,名称がしっくりくるように思われる。戦時のための軍事施設としてより,平和時の住居としての機能が前面に押し出された建築物にはたとえば Kadrioru loss がある。とくにこの意味での loss は,ベルサイユ宮殿などの呼び方に傚って「宮殿」と訳すとぴったりする。私は「トーンペア宮」「カトリオルク宮」などと呼ぶことにしている。日本の近世 (安土桃山時代~江戸時代) の城は linnus と呼ぶとぴったりすると思われるが,戦国時代以前の城は kindlus と呼ぶべきかもしれない。

 参考までに,エストニアの城として,もっとも完全な形で保存・復元されていると考えられるクレサーレ城 Kuressaare linnus (正式には Kuressaare piiskopilinnus と呼ぶらしい) は,建築様式の点でも,海に近いところに築かれている点でも,フィンランドのトゥルク城 Turun linna (フィンランド語) を連想させる城である。トゥルク城はエストニア語では Turu linnus と呼ぶ。南西フィンランドのトゥルクも,エストニアのサーレマーも,ともに長い間スウェーデンの支配下にあったという歴史的背景を考えるなら,クレサーレ城とトゥルク城の建築様式が似ているとしても,不思議はまったくないと考えられる。なお,エストニア語の linn はもとは「城」の意味だが,今は「町」を意味し,城の意味では派生語の linnus を使う。フィンランド語の linna 「城」は本来の意味をとどめているが,linnoitus という派生語は「城砦」の意味で用いられる。

 関連ページ: Lossivalli läbikaevamine tõi kaasa ootamatu avastuse

Kuressaare linnus (Saaremaa)
Kuressaare Castle Kuressaare

Pädaste mõis (Muhumaa)
Pädaste Manor

Haapusalu linnus (Haapsalu)
Haapsalu Castle

Glehni loss (Talinn)
Castle Glehn

|

« 客船 - reisilaev Georg Ots | トップページ | シートベルト- turvavöö »

建築」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49707296

この記事へのトラックバック一覧です: エストニアの城 - linnus, loss, kindlus, mõis:

« 客船 - reisilaev Georg Ots | トップページ | シートベルト- turvavöö »